初心者におすすめのアジングロッド5選!各メーカーからご紹介

アジングをする上でまず最初に選ばなければいけないのはロッドです。今回は初心者の方におすすめの、扱いやすく値段の張らないリーズナブルなロッドをご紹介するとともに、アジングロッドの選び方の注意点を解説します。

■ティップセクションの種類

●掛け重視のチューブラーか乗せ重視のソリッド


アジング用のロッドを選ぶ上で知っておくべきポイントの一つに、ティップセクションの違いがあります。ティップとはロッドの穂先部分のことをいいます。このティップが2種類存在します。一つ目はチューブラーです。中空構造になっているためアタリの響きが非常によく、感度が抜群です。よってアタリを感じて掛けていくスタイルにおすすめです。二つ目はソリッドティップです。ソリッド素材のティップで、中は材質で詰まっています。食い込みが良いのでアジを乗せることに向いています。

■ロッドの長さ

●ジグヘッド単体には6フィート、キャロの遠投には8フィート

アジングロッドを初心者の方が選ぶ場合、最初の一本には仕掛けの中でも基本となるジグヘッド単体が扱いやすい6フィート台のロッドがおすすめです。短めの長さなので操作性も良く、ジグヘッドがどのように動いているのか把握しやすいです。また、キャロなどを遠投する場合には7~8フィートのロッドがおすすめです。長い分操作性は少し落ちるものの、垂らしを長くしてキャストができる分遠投性能はアップして、沖のディープエリアを攻めることができます。

それではおすすめのアジングロッドをご紹介していきます。

●シマノ(SHIMANO) ソアレ BB アジング S610LS

  • 全長:2.08M
  • 自重:72g
  • 形態:並継
  • 継数:2本
  • 仕舞長さ:106.5cm
  • 先径(外径):0.8mm
  • 元径:10.5mm
  • 適合道糸1:0.1―0.6号
  • 適合道糸2:1.5―4lb
  • 適合ライン1:1―3lb(フロロ)
  • リールシート位置:275mm
  • カーボン含有率:98.8%
  • 適合ルアーウェイト 0.5―12g
ハイレスポンスソリッドをティップに採用しているので、乗せ掛けどちらにも対応したアジングロッドです。6フィート10インチという長さが長すぎず短すぎずオールマイティーに使用できるロッドです。

●ダイワ 月下美人 AJING [611L-S]

  • 全長:2.11M
  • 自重:72g
  • 形態:並継
  • 継数:2本
  • 仕舞長さ:109cm
  • 先径(外径):0.8mm
  • 適合ライン1:1―3lb(フロロ)
  • カーボン含有率:96%
  • 適合ルアーウェイト 0.5―8g
ティップセクションにはハイパフォーマンスカーボンソリッドを採用し、わかりにくいアタリも明確になるロッドです。値段も1万円を少し上回る程度で大変お手頃です。

●アブガルシア(Abu Garcia) ソルティースタイル アジング STAS−632MLS−KR

  • 全長:1.91m
  • 自重:91g
  • 形態:並継
  • 継数:2本
  • 仕舞長さ:98.5cm
  • 先径(外径):0.8mm
  • 元径:9.5mm
  • 適合ライン1:1―4lb(フロロ)
  • カーボン含有率:98.0%
  • そ:適合ルアーウェイト 0.4―8g
KR ガイドを採用しており、ガイドが小口径です。それによって非常にバランスの取れたロッドです。

●メジャークラフト ソルパラ SPS-S702AJI

  • 全長:7.0ft
  • 適合ライン0.3―0.8号(PE)
  • 適合ルアーウェイト 0.6―10g
初心者の方で安くアジングロッドをという方にぜひおすすめしたい一本です!この安さで素晴らしいクオリティです。

●メジャークラフト クロステージ アジング CRX−T732AJI

  • 全長:7.3ft
  • 適合ライン1.0―5.0lb
  • 適合ルアーウェイト 0.6―10g
メジャークラフトのクロステージはコストパフォーマンス最強です!この竿はチューブラーティップなので、キャロなどのリグもしっかりと沖へ遠投できます。7.3フィートなのでジグヘッド単体でも使用できる、どんな状況でも使える1本です。

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介