サバの締め方解説|ナイフやハサミを使った血抜きの方法をご紹介

サバの締め方を解説します。サバは足が速いと言われるほど鮮度の劣化が激しいので、適切な締め方をする必要があります。今回はハサミやナイフを使った血抜きの方法、内臓の出し方をご紹介するとともに、血抜きしないでも良いと言われる小サバの締め方もご紹介します。

■ハサミやナイフを使った血抜きの方法

●顎の下を切れば簡単に放血


血抜きの方法をご紹介します。サバの場合、ほかの魚と違って血抜きが簡単です。釣ったそばから暴れて血しぶきになるくらいですからね…。適切で簡単なサバの血抜きポイントは顎の下にあります。画像の矢印の部分に心臓と直結する血管が走っているので、この部分をナイフやハサミで切ります。刃先をちょんと入れれば簡単に切れます。切ったそばから放血するのでご自身の服や周りへの飛散にお気を付けください。

■首折りサバの方法

●必ず腹側を外向きにして首を折る


首折りサバの方法を解説します。顎の下に切り込みを入れて血抜きのポイントを作ったら、両手で素早くサバを抑えて片方の手で頭部側、もう片方の手で胴体側を持ちます。丁度エラの部分を折るポイントとして、力を入れてポキッと折ります。この時に必ず腹側を外向き、背側を手前にしましょう。というのも首を折った瞬間にサバの血液が放出しますが、お腹側を自分に向けているとご自身に掛かってしまいます。必ず外側に向けておきましょう。バケツの中で行うと周りに飛散しないのでなお良いです。

*画像はすでに締めたサバで再現していますが、活きたサバは手袋で掴むことをおすすめします。

■海水で血抜き

●バケツの中に1、2分放置


血抜きをしっかりと行うために、首を折ったサバは海水を張ったバケツの中に1、2分放置します。するとみるみる海水が赤く染まります。これにてサバの血抜き、首折り締めが完成しました。

■内臓は早く取るべき!?

●アニサキスは内臓に多い


内臓を早く取った方が良いと聞いたことがあるかもしれませんが、サバの場合アニサキスは内臓に潜伏している可能性が多いです。これが釣り上げた後、冷却が足りなかったりして鮮度が落ちてくるとアニサキスは内臓部から移動して筋肉中に移ると言われています。その為に対策として内臓を早く取り除くという方法があります。内臓の取り方はエラの付け根をナイフで切り落とし、肛門から腹を開きます。後はエラを引っ張れば内臓がズボッと抜けます。

■氷締めは直ぐに!

●身が焼ける前にすぐに氷の中に


締めたサバは、氷の中に投入して全身がしっかりと冷えるようにしましょう。サバは常温だとすぐに身が焼けてしまいます。氷の中にしっかりと投入しましょう。また、純粋な氷よりも、海水を少量投入した潮氷にした方が、浸透圧による水の侵入を防ぐことができるのでおすすめです。

■小サバの締め方

●氷締めだけでもOK

小サバの締め方をご紹介します。堤防などで釣れる小サバの締め方は氷締めだけでもOKです。理由としては、魚体が小さいので血抜きをしなくてもそこまで気にならないということです。暴れまわる小サバは針を外したら直ぐに氷の中へ投入して氷で締めることをおすすめします。

■サバのさばき方

●しっかりと締めたらサバをさばいていこう


さばき方の解説をします。しっかりと締めたサバは身が引き締まっているのでさばくのが簡単です。魚をさばくのには自信がないという方でも、基本さえ押さえていればサバは簡単にさばくことができます!
▼さばき方について詳しくはコチラをご参照ください▼

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介