初心者でもわかるアジングラインの選び方|種類と特徴を解説

ラインはアジングにおいてアタリを取る為に最も重要な要素です。いくらロッドが高感度のものでも、アタリを伝達するラインが適していないと伝わりません。現在、エステルライン、フロロカーボンライン、PEラインなど色々な種類が今回は各種類ごとの特徴と、アジングに適した太さ、ショックリーダーの結び方を解説します。

■初心者の方がアジングのラインを選ぶにあたって

●ラインはケチってはいけない

アジングラインを選ぶ時に心がけることは、ケチってはいけないということです。初心者の方は最初は安いものから…と考えがちですが、タックルの中でトラブルが一番多いのがラインです。よってメーカー品を選ぶようにしましょう。メーカー品と言ってもアジングラインの場合は1000~2000円、PEラインでも3000円くらいで買えます。ライン選びからトラブルレスなアジングライフを目指しましょう。

それではラインの種類ごとに特徴を見ていきましょう。

■フロロカーボンライン

●ナイロンよりも伸度を抑えたライン

フロロカーボンラインはナイロンラインよりも伸度を抑えたラインです。ポリフッ化ビニリデンという素材を用いており、ナイロンナインに比べてアタリが出やすいという特徴があります。また、ライン自体の比重が高いので横風に強いとされています。ただし、素材の特徴からどうしても張りが強かったり、スプールになじんだ後はクセでパーマネントしやすいなどのデメリットもあります。ただし、これらの特徴を知って、使いこなすのはアジンガーの宿命でもあります。


スプールへなじみ、扱いやすさから厳選したフロロカーボンラインをご紹介します


サンライン(SUNLINE) フロロ SaltiMate Small Game FC II


●クレハ(KUREHA) シーガー R18フロロリミテッド

■エステルライン

●アジングに特化した究極の低伸度ライン

エステルラインはアジングに特化した究極に低伸度ラインです。低伸度だけではなくて強度も強いのでラインを細くすることが可能です。また、自重があるので横風にも強いという特徴があります。ただし、急激な負荷(一気にテンションが掛かる)に弱いので、魚のふとした突込みにはドラグを滑らせて対応することがセオリーです。よってエステルラインを使用する場合はドラグ調整は緩めにしておくことが必要です。アジングの為に開発されたラインですので、オールシーズン色々な状況で使えますし、感度が高いのでおすすめのラインです。メーカーにもよりますが初心者の方は0.3号あたりが使いやすいと思います。

おすすめのエステルラインはコチラ

●34 ピンキー 200m 0.3号
私もよく使う34のピンキーです。張りがあるので0.3号あたりの細さにすると柔らかさも出て扱いやすいです。


サンライン(SUNLINE) ソルティメイト 鯵の糸 エステル 240m 0.3号
なんとサンラインからエステルラインが出ました。しかも240m巻きでこの値段です!120mづつ使用すれば2回は使用できます。

■PEライン

●高感度 高強度

PEラインは今やほとんどのルアーフィッシィングに使われていますが、アジングもしかりPEラインは使用します。伸度の点からすると、エステルラインも含めた現存のラインの中で一番低く高感度です。また同じ号数であれば強度は一番高いのが特徴です。ただし、ラインの自重が非常に軽く横風に弱いのでウエイト調整やライン自体の変更などをその場の状況に合わせて使用する必要があります。また、フロロカーボンやエステルラインと比べて値段が高いのが特徴です。ただし、ラインの消耗劣化はほかのラインよりも少ないのでライン交換の頻度はほかの種類のラインと比較して低く済みます。ジグヘッド単体でも、キャロの遠投でも使用できます。

おすすめのPEラインはコチラ

ラパラ ラピノヴァ-X マルチゲーム 0.3号
メーカー品であり、150m巻きでこの値段はすばらしいコストパフォーマンスです。私も長年愛用しています。ドラグを使用すれば不意のヒラスズキでも対応できる強度を持っています。

サンライン ソルティメイト スモールゲーム PE-HG 150m (0.15号)
ついにPEラインでも0.15号が登場しました。この細さがあれば、ジグヘッド単体でと小風が吹いてもアジングは成り立ちます。値段が少し高いのがネックです。

▼号数を0.3まで上げれば値段は半額まで落ちます。▼

●サンライン ソルティメイト スモールゲーム PE-HG 150m (0.3号)
それでは是非アジングラインの参考にしてください。

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介