ただ巻き|初心者におすすめなアジングアクションのやり方をご紹介

ただ巻きはアジングのアクションの中でも最も簡単で基礎的なアクションです。文字通りただ巻くだけなので初心者にもおすすめのワームアクションです。現代のアジングはダートやワインドなど様々なアクションが開発されていますが、ただ巻きはただ巻くだけではありますが、巻くスピード(リトリーブスピード)の変化をつけることで色々なパターンに対応できます。今回はただ巻きアクションのやり方解説とアクション動画、ただ巻きにおすすめのジグヘッドワームのご紹介をいたします。

■ただ巻きアクションのやり方

●一定の速度でリトリーブするだけ


ただ巻きのやり方を解説します。まずキャストします。着水してからラインスラッグを回収して一定の速度でリトリーブをしてきます。ただそれだけでこのアクションは完成です。非常にシンプルではありますが、良く釣れる代表的なアジングアクションなので初心者の方にはまず最初に覚えてもらいたいアクションです。
▼ただ巻き参考動画▼

■カウントダウンでレンジを刻む

●表層タダ巻きがおすすめ


ただ巻きは単純なアクションに感じますが、ジグヘッドを引いてくる水深を変えるだけでアジへのアプローチは全然違ってきます。具体的に解説しますと、キャスト後のカウントダウンでジグヘッドの沈降するレンジを決めます。例えば着水後すぐにリトリーブを開始すれば表層を引いてくることになります。数秒カウントしてからリトリーブを開始すれば中層を。きっちりボトムを取ってからリトリーブをすればボトム近辺を引いてきたことになります。おなじアクションでもレンジが違えば釣れるアジも変わってくるので、今自分はどのレンジを攻めているのかを強く意識しましょう。ちなみに、このただ巻きアクションが良く効くレンジは表層です。水面直下のただ巻きをまず試してみて、反応がなければレンジをどんどんと下げて探っていくことをおすすめします。

■リトリーブスピードを変えよう

●高活性時は早め、低活性時はゆっくり


ただ巻きは巻く速さ(リトリーブスピード)を早くしたり遅くしたりすることでアジの反応が変わります。例えばアジがマズメに稚魚を捕食しているような時は高活性な場合が多いです。そんな時には早めのリトリーブが効果的です。逆にアミなどのプランクトンを捕食している時はとてもゆっくりなリトリーブにしか反応しないことがあります。具体的なリトリーブスピードの参考目目安は 早め:ハンドル1回転/1秒 ゆっくり:ハンドル0.25回転/1秒 くらいです。最近はローギアとハイギアのリールがラインナップされているので実際には自分のリールにあった速度を探し出すことをおすすめします。

■ただ巻きにおすすめのジグヘッド

●ヘッド部分が球体のリトリーブタイプを選ぼう


ただ巻きにおすすめのジグヘッドはヘッド部分が球体構造になっているリトリーブタイプのものをおすすめします。ただ巻きの場合ジグヘッドがこちらにまっすぐに泳いでくることが理想です。左右の対称性が取れたリトリーブタイプのジグヘッドを選択しましょう。

ただ巻きにおすすめのジグヘッドはコチラ

ジャズ 尺ヘッド Rタイプ

ヤリエ アジ爆ジグヘッド 速掛け

■ただ巻きにおすすめのワーム

●ピンテールワームが良く釣れる


ただ巻きと相性の良いワームはピンテールワームです。基本的にはどんなタイプのワームでもただ巻きアクションは成り立ちますが、ピンテールワームとの相性がとても良いです。ワームのカラーに関しては、稚魚をベイトにしている場合はダーク系、グロー系のシルエットがはっきりとしているカラー。プランクトンを捕食している時はクリアー系のカラーを選ぶことをおすすめします。

ただ巻きにおすすめのワームはコチラ

ダイワ(Daiwa) 月下美人 ビームスティック 1.5インチ


レイン(REIN) アジアダー

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介