フリーフォールメソッドのやり方|初心者が覚えたいアジングアクション

フリーフォールは縦の動きに反応する習性を持つアジに効くアジングワームアクションです。アジングにはトゥイッチやシェイクなどのアクションがありますが、フォール、特にフリーフォールは別物です。今回はフリーフォールとはどんなものかをテンションフォールと比較しながら解説するとともに、フリーフォールのやり方、フリーフォールにおすすめのジグヘッドやワームをご紹介します。

■フリーフォールとは

●ラインにテンションが掛からない状態でのフォール


フリーフォールとはラインにテンションが掛かっていない状態(テンションフリー)でジグヘッドをフォールさせることを言います。ラインにテンションが掛かっていないので、ジグヘッドは重力のままに限りなく垂直にフォールします。

テンションフォールはラインを張った状態で落としていくのでジグヘッドは円の弧を描くようにアングラーの足元に落ち込んでくるような軌道を取ります。まとめると、フリーフォールは垂直にフォールし、テンションフォールはカーブしながら斜めに落ちるというイメージです。

■フリーフォールはどんな場面で効くのか

●水平に追わないアジに口を使わせる


フリーフォールメソッドは夜になってアジの動きがスローになった場合に有効です。そもそもアジは上から下へ垂直に落ちるものに好反応を示します。活性の高いマズメ時の回遊アジなどは活発に餌を追うので水平にバンバンアクションさせてもアタックしてきますが、ナイトなどでアジがあまり動かずにじっとしてしまうと中々ワームを追い切りません。そんな時に有効なのがフリーフォールです。アジの鼻先に垂直にワームが落ちてくるとパクッとバイトする場合が多々あります。フリーフォールメソッドは色々な場面で使用できるので、初心者の方が覚えるべきアクションでもあります。

■フリーフォールのやり方

●ロッドを追従させながらフォールさせていく

フリーフォールのやり方を解説します。テンションフォールと比べると難易度は上がりますが、マスターすればアジングアクションの幅が広がるので是非習得しましょう。

まずフリーフォールについてですが先に述べたようにラインにテンションを掛けず、ダルダルにすれば自ずと演出できます。しかしそれではフォール中のアタリが取れません。そこで、ロッドの長さを利用してジグヘッドを追従しながらフォールさせます。

フォールさせたいレンジが50cmあったとします。そのレンジのてっぺんからフォールをさせるのですが、ティップを奥に段々と送り込むようにフォールをさせます。その時にラインテンションを張らず緩まずの状態を演出することがキーポイントです。アタリがなければシェイクをしながら再び棚を上げて再度追従フォールをします。
▼参考動画▼

■フリーフォールにおすすめのジグヘッド

●早く落としたいなら円筒型

フリーフォールにおすすめのジグヘッドは円筒型のジグヘッドです。他のタイプのジグヘッドでも勿論対応できますが、円筒型のジグヘッドは抵抗が非常に少ないのでフリーフォールでストンと早めに落ちてくれます。アジの目の前を通して反射食いさせるには非常に効果的です。

DECOY ロケットプラス

■フリーフォールにおすすめのワーム

●ソフトマテリアルなワームでナチュラルアピール

フリーフォールにおすすめのワームはソフトマテリアルなワームです。フォール中に水流、潮流の影響を受けて柔らかなボディーがゆらゆらと動きます。これがアジにナチュラルにアピールしてくれます。

 ティクト フィジットヌード 2.7インチ

エコギア(ECOGEAR) アジ職人ソフトサンスン

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介