アジングワームアクション|中級者がマスターしたいL字メソッド ボトムステイ キャロなどを解説

アジングを始める上で初心者が覚えるべきアクションは、基本的な動作となるボトムの取り方、テンションフォール、フリーフォール、シェイク、トゥイッチなどですが、これらがマスターできたら次のアクションを習得しましょう。今回はL字メソッド、ボトムステイ、レンジキープ、脈釣りメソッド、キャロアクションについて解説します。

■L字メソッド

●L字の軌道でアジをバイトさせる


L字メソッドはその名の通り、ジグヘッドの軌道をL字に動かすことでバイトを誘発するアジングアクションです。アジはフォール特にフリーフォールで垂直に落ちるものに興味を示しますが、フォールだけでは食い切らない場合があります。そこで垂直に落ちる軌道を水平方向に変化させるのです。するとその軌道変化がアジのバイトを誘うのです。バイトが多いのは軌道変化前後です。フリーフォール→水平にさびく→シェイクで持ち上げる→フリーフォールを1セットとしてこれを繰り返します。1キャストの中にL字を何度も描くといったイメージです。

L字メソッドについて詳しくはコチラ
L字メソッド|釣れるアジングアクション:テクニック、釣法の解説

■ボトムステイ

●ジグヘッドをボトムから離さないイメージ


ボトムステイは操作的には簡単です。まず底を取ります。底を取ったら根掛かりしないように若干持ち上げます。後はシェイクやリーリングでラインコントロールをしながら、ジグヘッドがボトム近辺をフワフワと漂うようなイメージで引いてきます。このアクションの場合、アタリはどこであるのかわからないので常にラインを張らず緩まずの状態でキープしてあたりに備えることがキーポイントです。また、ボトムステイには完全に底にジグヘッドを置いてしまうパターンもあります。ジグヘッドを底に完全につけて後は潮流でコロコロと底を転がるイメージです。このパターンは砂地の地形でやることが前提で(根掛かりしてしまうので)、夜に砂地にゴカイを捕食しにやってくるアジに効果的です。

ボトムステイについて詳しくはコチラ
ボトムステイアクション|初心者でもわかるアジングワームアクション やり方、釣り方解説

■レンジキープ

●一定のレンジを外さない


レンジキープはアジの居るレンジを外さないようにジグヘッドを一定のレンジを通すアクションです。アジは居るけど食わない、ワームを追わない・・・そんな時に効果的なのがレンジキープアクションです。基本はアジの居るレンジまでカウントしジグヘッドを落としたら、シェイクとストップを繰り返しながらそのゾーンを外さないようにワームを手前に引いてきます。コツはシェイクの幅を極端に小さくすることです。このレンジキープがはまる時は大体アジがプランクトンを静かに捕食するような場合です。よってジグヘッドはフワフワと漂うように軽量のものをおすすめします。また、ワームも1.5インチ前後の小型のものをおすすめします。

▼レンジキープアクションについて詳しくはコチラ▼
レンジキープ|釣れるゾーンを外さないアジングワームアクション やり方の解説と参考動画

■脈釣りメソッド

●究極に動かさないアクション


脈釣りメソッドは究極に動かさないアジングアクションです。渓流釣りなどでウキを付けずに針と重りだけでする餌釣りを脈釣りと言いますがこのメソッドはそこから来ています。このアクションが効果的なシチュエーションは勿論プランクトンを捕食するほとんど動かないアジに対してです。このアクションをする上で、一つのゾーンにジグヘッドを置いておくというイメージを持ってください。まずキャストして任意のレンジをカウントして取ります。そこからはラインを張らず緩まずの状態でストップします。どれだけの軽量ジグヘッドを使っていても、重力で手前へ寄ってくるのでその分のラインスラッグを回収します。これの繰り返しです。キーポイントは余分なアクションを加えないことです。

脈釣りメソッドについて詳しくはコチラ
脈釣りメソッド|プランクトンパターンを打破するアジングワームアクション 動画付きやり方解説

■キャロアクション

●トゥイッチ+リトリーブ or ステイ or 追従フォール


キャロアクションは、キャロというプラスウエイトのアイテムが付いているだけでさほど難しいものではありません。まずキャストをしてヒットレンジまでリグをフォールさせます。ラインスラッグを回収したら2,3回トゥイッチで軽くリグを跳ね上げます。その後にリトリーブまたはステイまたは追従フォールでバイトを誘います。リトリーブは水平の動きでアジを誘い、ステイはテンションフォールのカーブ軌道を演出します。また、追従フォールはバックスライドの効いたフリーフォールを演出します。当日のアジの反応に合わせたアクションを見つけ出しましょう。水中でのキャロの動きは、フリーフォールさせるとバックスライドをします。この特徴を生かしてキャロアクションをマスターしましょう。
▼水中でのキャロのバックスライドアクション▼

キャロアクションの徹底解説はコチラ
徹底解説!おすすめのアジングキャロアクション仕掛け図を用いて説明

■メタルジグのアクション

●ゆっくりなワンピンチジャークが有効

メタルジグアクションはゆっくり目のワンピッチワンジャークをおすすめします。1回ロッドを煽るごとにリールのハンドルを1回転させることをワンピッチワンジャークと言います。メタルジグが有効なタイミングはベイトが入ってアジが完全に捕食しているような時が抜群に効果的ですが、青物のように高速ジャカ巻きのような早いアクションは追い切れないことがあります。なのでメタルジグでのアジングアクションはゆっくり目のワンピッチワンジャークをおすすめします。

メタルジグのアクションについて詳しくはコチラ
編集中

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介