L字メソッド|釣れるアジングアクション:テクニック、釣法の解説

L字メソッドはトゥイッチやフリーフォール、さびくなどの基本的なテクニックを織り交ぜたアジングアクション、釣法です。今回はL字釣法とはどういうものなのか、L字メソッドの仕掛けと、動かし方、やり方を釣法動画を交えて解説します。

■L字メソッドとは

●L字軌道で攻めるアジングアクション


L字メソッドとはフォールとさびく動作を兼ね合わせることでジグヘッドの軌道をL字に描くアクションのことを言います。アジは上から下へ落ちるものへの好反応を示す習性があります。同時に軌道変化に対してより好反応を示す場合があります。L字の軌道はパッと見ると単純ではありますが、その軌道の中には、① ②軌道の変化 水平移動(さびく)という3種の動きが混ざっています。この3種類の動きによりアジが好むアクションにアジャストできるのです。

■どんな時に効くのか?

●フリーフォールでは食い切らないアジを軌道変化で食わせる


L字メソッドが効果的なシチュエーションは多々ありますが、一番出番の多いシーンはフリーフォールで食わない時です。常夜灯の下やヘッドライトの明りで照らされた海面にアジが確認できた経験のある人も多いと思いますが、そのアジがフォールアクションに反応しないことがあります。そんな時にはL字メソッドの出番です。フリーフォールで当たらないアジに軌道変化というアクセントを加えます。するとアジは反射食いに近いものを起こして、垂直落下(フリーフォール)から水平移動に移る瞬間にバイトをする場合があります。これがL字メソッドの強みでもあり最大の特徴です。

■L字メソッドのやり方、動かし方

●フリーフォール→さびく→シェイク


L字メソッドのやり方、動かし方を解説します。L字メソッドはフリーフォール、さびく、シェイクの繰り返しで成り立っています。まず、キャストして任意の棚を取ります。次にトゥイッチで軽く跳ね上げます。そこからフリーフォールをします。フリーフォールはロッドを追従しながらラインテンションを張らず緩まずの状態で保ちます。ある程度まで落としたら、ロッドを使って手前側にさびいてきます。フリーフォールからさびく動作に入る瞬間~さびく最中が最もバイトが集中するところなので意識を高めましょう。さびいてもバイトが得られない場合にはもう一度シェイクをして棚を跳ね上げます。これを1セットとして繰り返します。イメージとしては1キャストの中に何度もL字を描く感じです。
▼参考動画▼

■L字メソッドに使用する仕掛け、リグ

●ジグヘッド単体


L字メソッドはジグヘッド単体で行うアクションです。ジグヘッド一つから来る水流抵抗などの情報から、フリーフォールさせるべき時間(長さ)さびく動作の距離、トゥイッチで跳ね上げる距離をその日のパターンにアジャストさせていくのです。例えばスロープの波打ち際での場合。スロープですのでシャローエリアです。シャローでもフォールに反応するアジが居たらL字メソッドを使いましょう。

ただし、シャローエリアなのでフォールを長くとれません。よって小さなL字を描くのです。このようにしてジグヘッド単体で可能性を探っていく釣法がL字メソッドです。

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介