夜アジングにおすすめのルアー|常夜灯なし、見えない状況での釣り方、しゃくり方を解説

夜のアジングにおすすめのルアーをご紹介します。夜アジングと言えば、時間帯的にもゆっくりとしたワームの動きに反応するイメージがありますが、ハードルアーでもパターンにはまれば良く釣れます。今回は常夜灯が無くて見えない状況でも釣れるルアーをご紹介するとともに、釣り方、しゃくり方を解説します。

■鉄板バイブレーションは鉄板!

●リフトからのフォールでバイトを誘う!


常夜灯なし、ありに関わらず、夜のアジングで活躍するのが鉄板バイブレーションです。鉄板バイブレーションの基本の釣り方、動かし方はリフトアンドフォールです。ロッドの長さを使って持ち上げると。ブルブルっと小気味よいバイブレーションが伝わってきます。次にロッドで追従させるように鉄板バイブレーションをフォールさせていきます。するとコンコンっと叩くようなバイトが得られるのでフッキングします。基本はこれだけです。


後はボトムなのか中層なのか、アジの居るレンジにアジャストさせるだけです。夜と言えばワームの感覚がありますが、鉄板バイブレーションは本当に良く釣れますよ!

▼鉄板バイブレーション参考動画▼

おすすめの鉄板バイブレーションはコチラ
ブリーデン ビーバイブ30 BREADEN/13VIB 30

■メタルジグも夜アジングにおすすめ

●ゆっくり目のワンピッチで誘おう



夜のアジングで忘れてはいけないルアーにメタルジグがあります。メタルジグは日中、マズメという先入観がありますが、夜でもハマるパターンがあります。それはカタクチイワシやキビナゴと言った魚類がベイトになった場合です。メタルジグの速いフォールやしゃくり方がマッチする場合があります。ただし、ターゲットは青物ではなくアジであり、かつ夜ですのでゆっくりとしたワンピッチワンジャークをおすすめします。
また、夜のメタルジグでのアジングは棚を合わせることが非常に大切です。カウントダウンを駆使してアジのレンジを探し出しましょう。

▼夜のメタルジグアジング参考動画▼


▼おすすめのメタルジグはコチラ▼
STORM 五目ジグ 5g
5g前後が一番使用頻度が高く、使い勝手が良いです。タックルボックスに1つ忍ばせておいても損はありません!

■シンキングペンシルはワーム感覚で!

●潮流にうまく乗せてドリフトで誘う


時間帯によって釣れ出したり、止まったりするのが夜のアジングですが、潮が流れ出したらシンキングペンシルを思い出してください。シンキングペンシルはフォールさせるとゆらゆらとローリングしながら落ちていきます。このフォールは柔らかい波動を出すだけでなく、ゆっくりとフォールするのでアジに見せる時間が長くなります。特に流れてくるようなベイトを待ち構えているアジには効果的です。釣り方はいたってシンプルで、まず潮上にキャストします。次に軽くジャークをして後は潮に乗せて流していきます。これだけです。ワームで表層を流す要領と同じです。流していくシンキングペンシルを引っ手繰っていくようなバイトが得られますので重みがしっかりと乗ってからフッキングしましょう。早アワセは禁物です。

▼おすすめのシンキングペンシルはコチラ▼
Rapala(ラパラ) フラッタースティック マッドフラッシュ
こちらのフラッタースティックマッドフラッシュは本当に使い勝手が良いです。飛行姿勢がよくて遠投可能で、フォールは前後バランスが取れたゆっくりとしたローリングをしてくれます。サイズ感もアジにど良くてぜひ使いいていただきたい一品です。

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介