キャロやスプリットリグにおすすめのアジングロッド、ラインについてご紹介

キャロをアジングにおいて扱う上で大切なものにロッドとラインがあります。いくらキャロやスプリットリグが完成してもそれをしっかりと投げられるロッドがないと遠投して沖のディープエリアを探れません。今回はキャロやスプリットリグにおすすめのアジングロッド、ラインをおすすめします。

■キャロ用のロッドを選ぶ時の注意点

●長さ:7~8ft台 適合ウエイト:~12g


キャロに使用するロッドを選ぶときに気を付けるべき点が2つあります。1つ目は長さです。キャロを遠投するにあたりどうしてもショートロッドではキャロ仕掛けを振り切る力としなりが欠けてしまいます。そこで長さは7~8ft台のロッドがおすすめです。この長さがあればキャロ仕掛け分のタラシを考慮しても十分にキャストできます。また、どんなロッドにも適合ウエイトが書いてあると思います。キャロは大体が5~10gなのでそれらをカバーできる適合ウエイトのロッドを選ぶ必要があります。

■キャロにおすすめのロッド 厳選して3つご紹介

シマノ ソアレ BB アジング S704LS ロングキャストモデル
■全長(m):2.24
■自重(g):76
■適合ルアーウェイト(g):0.5~12
 ■適合ライン(PE/号):0.1~0.6
■適合ライン(ナイロン/lb):1.5~4


YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス) Blue Current(ブルーカレント) 80II
■全長:2440mm
■ロッド重量:80g
■適合ルアーウエイト:Jighead0.5~5g/Sinker1.8g~10g
■適合ライン:PE0.2~0.5


メジャークラフト クロステージ アジング CRX−T732AJI
■全長:7フィート3インチ
■適合ルアー(g):0.6-10
■適合ライン(lb):1-5
■PEライン(号):0.1-0.6

■キャロを使ったアジングにおすすめのライン

●PE0.3号がベスト

ラインはキャロを扱ううえで大切なアイテムの一つです。キャロはアジングにおいて遠投、沖のディープエリア攻略に使用する場合がほとんどです。よって、キャロがしっかりと振り切れる強度、遠い先のアタリを感じ取る感度(低伸度)が求められます。これらを兼ね備えたのがPEラインであり、キャロには断然PEラインをおすすめします。またPEの号数は0.3号が強度があってかつ細いので飛距離が抜群に出る太さです。それではおすすめのラインをご覧くださいませ。


 Rapala(ラパラ) ラピノヴァ・エックス マルチゲーム 150m 0.3号 ライムグリーン
コストパフォーマンス最強のラピノヴァ・エックス マルチゲーム。値段で選ぶならコレ!勿論強度や扱いやすさもばっちりでわたくしも愛用しております。


サンライン(SUNLINE) ソルティメイト スモールゲーム PE−HG 150m 0.3号
少し価格は上がりますが、強度は申し分なく、かつ扱いやすさは抜群です!是非一度試していただきたいラインです。

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介