アジング、メバリング用スプリットシンカー特集|メーカー別に重さやカラーをご紹介

アジング、メバリングに使えるスプリットシンカーについて厳選してまとめました。各メーカーによって重さのラインナップやスリット構造の有無による付け方、使い方の違いが微妙にあったりしますのでご参考にしてください。

■Arukazik japan Split Sinker

スプリットシンカーで最もメジャーなのがアルカジックジャパンのスプリットシンカーです。規格は1.8g 2.5g 3.5g 5.0g 7.0gと展開されており、それぞれにカラーがガンメタとクロムがあります。2色とも使ったことがありますが、どちらかが飛び抜けて釣果が高いといったことはありません。ご自身の好みで選んでもらえれば良いかと思います。それぞれのパッケージにはスプリットストッパー(ゴム管)が2個入っているので買い忘れも安心です。今回はカラーはクロムでラインナップを揃えました。

 ●1.8g

●2.5g

●3.5g

●5.0g

●7.0g

■マリア(Maria)エアロシンカー

スプリットシンカーの中でも、溝が掘ってあるタイプです。溝が掘ってあるのでショックリーダーをそこに乗せていれば直線状態が保てられて癖が付きにくいです。また、ゴム管が2個入りには4つ、3個入りには6つというように、シンカーの数分ゴム管が付属しているので非常にありがたいです。ウエイトラインナップは1.0g 1.5g 2.0g 2.5g 3.0gです。

● 1.5g カラー:ピンク


1.5g カラー:G(夜光)
グローカラーのシンカーは集魚力あります。メリハリで使い分けると効果が期待でいます。

■月下美人アジングシンカーⅡ

スプリットシンカーの中でも視認性の良さが際立つのがダイワ月下美人アジングシンカーⅡです。本体は夜光カラーでかつ付属のゴム管はオレンジと大変見やすくなっています。また、糸癖軽減用にスリット構造となっており、本体にはグラム数が表記されているので暗闇でもすぐにウエイトが確認できます。グローカラーは集魚力があるだけではなく、闇夜での視認性の良さからトップガイドへの巻き込み防止にもなります。ウエイトラインナップは、1.5g 2.0g 3.0g 3.5g 4.0g 5.0g です。

 ●2.5g

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介