メタルジグでアジング!仕掛けとアクション解説|おすすめの重さ、ロッド、フックをご紹介

メタルジグはアジング攻略に有効なハードルアーの一つです。特に大アジには効果的な場面が多々あります。今回はメタルジグのアクション解説をするとともにおすすめのメタルジグと重さ、セットするフック、メタルジグアジングに最適なライン、ロッド、タックルバランスをご紹介します。

■メタルジグアジングが有効な場面

●マズメ時の回遊型大アジに有効


メタルジグでのアジングが効果的になる場合は色々ありますが、その中でもマズメ時の回遊アジに対しては非常に有効です。マズメ時に回遊している群れが接岸する時は捕食態勢になっている場合が多いです。そんな時にメタルジグの速いフォール、きびきびとした動き、フラッシングは絶大な効果を生み出します。また、こういった回遊アジは地合いが非常に短い傾向にあります。よって、数を釣ろうとすると手返しが求められますが、メタルジグはワームと比べてフォールが早いのでヒットレンジまで落とすのに非常に効率が良いです。こういった点からも回遊アジに最適だということが言えます。

■メタルジグアジングの仕掛け図

●ラインはPE一択!


仕掛けが非常に単純なのもメタルジグアジングの特徴の一つです。メインラインにはPEラインを使用します。号数は0.3~0.4号が特徴です。ショックリーダーにはフロロカーボン1.5号を使用し、PEラインとリーダーはFGノットで結合します。リーダーの長さは40cmくらいがおすすめです。後はリーダーの先にメタルジグを結べば完成です。メタルジグが素早く交換できるように小型のスナップをつけておくと便利です。

■メタルジグのアクション解説

●ゆっくり目のワンピッチワンジャーがおすすめ


アクションに関してはメタルジグの場合、ジャカ巻きなどの早めのアクションをするイメージが青物狙いなどでありますが、メタルジグアジングの場合そこまで早くしてしまうとアジが追い切れません。そこでおすすめなのがゆっくり目のワンピッチワンジャークです。ハンドル1回転の間に、ロッドを1回あおる動作をワンピッチワンジャークと言います。その間隔をゆっくと大きく行うのです。これは先ほど述べた通りしっかりとアジが追えるスピードに合わせることと、フォールの時間を作ることにあります。メタルジグの動きでアジに最もアピールできるのがフォールです。ゆっくりとワンピッチワンジャークを行うことでフォールの間がしっかりと作れるということになります。またこのフォールの間はアジが最もバイトする可能性が高いので意識しておきましょう。

アジングにおすすめのメタルジグアクションについて詳しくはコチラ
アジングにおすすめのメタルジグとアクション特集

■おすすめのメタルジグの種類解説

おすすめのメタルジグを種類別に解説します。メタルジグにはそれぞれ形状があり、フォール姿勢やアクションの特徴が異なってきます。今回は3つのタイプのメタルジグを解説します。

●センターバランス系

 メタルジグアジングに最もオーソドックスにマッチするのがセンターバランス系のアジングです。左右のバランスが対象にできているのでフォール姿勢は横を向いてヒラヒラと落ちていきます。まっすぐな形状をしているので引き重りも少なく扱いやすいメタルジグです。

●左右非対称系


メタルジグアジングでリアクションバイトを誘うのにオススメなのが左右非対称系のメタルジグです。左右が非対称な形状を取っているので、予測不能なタイミングでストンとフォールしたり、フラっとヒラ打ちをしたりします。活性が高いアジにはもちろんですが、中々口を使わないアジをリアクションでバイトを誘うのにおすすめのメタルジグです。

●スロー系


アジングでのメタルジグに限ったことではありませんが、最近注目されているのがスロー系のメタルジグです。形状を見るとわかるように、平べったい形をしています。これをもたらす効果としてはフォールがゆっくりに、スローになるのです。これにはフォールをゆっくりさせることで長く魚に見せることが可能になります。アジングに関してもゆっくりとしたフォールは効果的で、フォールさせる距離が非常に短いポイントでもゆっくりとフォールするのでアジに見せることが可能となります。また、活性が低いくボトムに張り付くような状態でもネチネチと攻めることが可能となります。

メタルジグアジングにおすすめのメタルジグはコチラ
完全版!アジングにおすすめのメタルジグ|最適な重さや色の使い分け、フックをご紹介

■メタルジグアジングにおすすめのロッドとリール

●ロッド:7~8ft台 リール:2000番ハイギア


ロッドとリールについて、メタルジグアジングに最適なタックルバランスを解説します。メタルジグをキャストする上で大切なのがしっかりとメタルジグの重みを乗せて振り切れるかどうかです。使用するメタルジグは3~15gが多いので適合ウエイトがそれに合ったロッドを選びましょうまた、長さは7~8フィート台のものがおすすめです。メタルジグはやはり遠投できなければ意味がありません。飛距離がしっかりと出るロングロッドを選びましょう。リールは2000番前後のハイギアクラスをおすすめします。ライトゲームとは言えど、メタルジグをフルキャストすれば50mは優に超える飛距離が出ます。回収や手返しの良さを考えると断然ハイギアがおすすめです。

メタルジグアジングにおすすめのロッド、リール、ラインはコチラ
メタルジグでのアジングにおすすめのロッド、リール、ライン、タックルバランスをご紹介

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介