豆アジングにおすすめのジグヘッド、ワーム特集

豆アジングにおける豆アジ攻略のキーポイントはジグヘッドとワームのバランスです。ロッド、リール、ラインなどタックルがバッチリでもジグヘッドとワームが豆アジの口に収まらなければ釣れません。今回は豆アジ用、豆アジングにおすすめのジグヘッドとワーム、選び方のコツをご紹介します。

■豆アジ用ジグヘッドの選び方

●シャンクの長さは9mmがおすすめ


豆アジングで最重要になるのがジグヘッドです。豆アジの小さな口にジグヘッドが収まらなければフッキングが決まることはまずありません。ジグヘッドにはシャンクと呼ばれるワームをセットする部分がありますが、メーカーや種類によって長さがバラバラです。このシャングが9mmくらいのものが豆アジの口に収まりやすいです。ジグヘッドの選び方の基準にしましょう。それでは豆アジングにおすすめのジグヘッドをご紹介していきます。

■カルティバ 豆アジ弾丸 JH-87 1.0g #10

●刺さり抜群の豆アジ用ジグヘッド

■34 ザ豆 0.9g

●豆アジ専用!バーブレスジグヘッド

豆アジングのみを意識したジグヘッド選びなら間違いなくこれです!バーブレスで刺さり抜群!

■34 ストリームヘッド 0.8g

●オープンゲーブでオートマチックフッキング

脈釣りメソッドで自然に漂わせて、勝手にフッキングが決まってくれるジグヘッドです。

■オーナー(OWNER) メバルショット JH−82 0.9g レッド

●実にバランスの良いジグヘッドです

豆アジングにベストバランスなのがメバルショットの0.9g 2インチ以下のショートワームとの相性が抜群です。

■豆アジにおすすめのワーム

●1.5インチ前後がおすすめ


豆アジングにおすすめのワームは1.5インチ前後のワームです。豆アジの小さな口に収まるサイズから考慮しましょう。メーカーによってワームの柔らかさが違いますが、材質が柔らかいほど豆アジの口に吸い込まれやすいのでおすすめです。また、基本的には豆アジは常夜灯下に居ることが多いです。理由は光に集まったプランクトンを捕食しているからです。よって、ワームカラーはプランクトンを意識したクリア系をおすすめします。それでは豆アジングにおすすめのワームをご紹介します。

■エコギア アジ職人 アジマスト 1.6インチ

●絶対的な豆アジキラーワーム

豆アジングにまず最初におすすめしたいのがアジマストです。ソフトマテリアルでテールが絶妙に動いて豆アジをバイトに誘導します。クリアー+赤ラメ、クリアー+青ラメ この2種類を持っていればまず間違いないです。

■34 jr.(ジュニア) 1.3インチ

●ソフトマテリアルでナチュラルアピール

豆アジングに必要なソフトマテリアル性質を、1.3インチまでサイズダウンさせても実現させた吸い込み抜群のショートワームです。

■ティクト U.S.B ブリリアント 1.2インチ C−10(クレイジーシルバー)

●パドルテールがハイアピールしかも小さい

■アジチョンヘッドと活アジコムシ で最強豆アジウエポン

●ナチュラルに動かして掛ける

豆アジングに裏技ともいえるシステムがエコギアから提案されました。それはワームを従来のように挿すのではなくてちょん掛けするのです。ちょん掛けすることで小さなワームもより自然に動き、フッキング率も上がるというシステムです。
▼アジチョンヘッド参考動画▼

エコギア(ECOGEAR) アジチョンヘッド 0.9g

エコギア(ECOGEAR) アクア 活アジコムシ 1.5イチ

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介