抜けアタリをも捉えよう!合わせが決まる掛かり抜群なおすすめのジグヘッド特集

合わせはアジングにおいて重要な動作です。アジングでの合わせ、フッキングはアジのアタリを取って掛けるという重要かつ面白いところです。アジングには抜けアタリというテンションがフッと抜けてしまうわからない、わかりにくいアタリがあります。そのあたりを明確にするために最高峰の超高感度アジングロッドを揃えたりする方も少なくありません。しかし高額なお金をかける前にフッキング率を上げる重要なことがあります。それは掛かりの良いジグヘッドを選ぶことです。今回は掛かりの良いおすすめのジグヘッドを厳選してご紹介します。

■ヤリエ アジ爆ジグヘッド 速掛け  #6

●掛かり抜群のジグヘッド 20cm前後には特におすすめ

ジグヘッドの中でも掛かりとバランスが良いと感じているのがヤリエのアジ爆ジグヘッド速掛けです。ゲーブが軽く外側を向いていることと、針軸が細いので上あごへの貫通力も抜群です。シャンクの長さも長くなく短くないのでどんな種類のワームにも、どんな大きさのアジにも対応できます。特におすすめなのが20~25cmのアジにはもってこいのジグヘッドです。

■ティクト アジスタ! S 

●元祖アジングメーカーの信頼ジグヘッド

合わせが決まるようにしっかりと設計してあると感じるのは元祖アジングメーカーtictのアジスタです。細軸ですが強度もしっかりしています。どんなワームにもどんなバイトにも対応できるジグヘッドです。

▼アジスタ参考動画▼

■34 ダイヤモンドヘッド

●開いたゲーブは吐き出しにくくする

ジグヘッドの掛けでもゲーブが開いているのがこのジグヘッドの特徴です。アジが吸い込んだジグヘッドを吐き出しにくくする効果があり、同時に合わせの時間を長くするという利点も生まれます。針軸が細く寒中力も抜群です。

■ヤリエのアジメバガチヘッド

●掛かり◎強度◎ 尺アジ、ギガアジ対応ジグヘッド

合わせが決まりやすく、掛かりが良い。しかも針軸が丈夫で尺オーバーのアジとガンガン勝負できる。こんな相反するジグヘッドがヤリエのアジメバガチヘッドです。フックポイントが若干外向きについていてかつ先端は鋭く尖っています。そして針軸は高強度設計なので、尺アジギガアジとパワーバトル出来る超おすすめジグヘッドです。マズメの大型回遊アジにおすすめです。

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介