リトリーブはどうやってやるのか?初心者にもわかるメバリングアクションのやり方解説

リトリーブはメバリングアクションの中でも最も基本となる釣り方です。よって、初心者の方に一番最初に覚えてもらいたい釣り方です。今回は簡単な仕掛け解説からリトリーブでの釣り方、やり方解説を動画を用いて解説します。また、メバリングにおける合わせ方のコツもメバルの捕食特性を絡めて解説します。

■まずはジグヘッド単体を作ろう

●メバリングの仕掛けの基本


仕掛けの解説をします。まずメバリングを始めよう!という場合はこの仕掛けを作ることを覚えてください。といってもジグヘッドにワームをセットしてラインに結ぶだけ。たったこれだけです。これをジグヘッド単体、略してジグ単と呼びます。色々なアクション、釣り方が昨今のメバリングでは開発されてきましたが、このシンプルな仕掛けが基本です。そして良く釣れます!

■ジグヘッドとワームは何を選べばいいの?

●鉛ヘッド部分は球体+ピンテールワーム


リトリーブアクションに適したジグヘッド、それはヘッド部分の鉛の形が球体のものです。これはリトリーブのみならず、もちろんリフトアンドフォールなど多彩なアクションに適合したオーソドックスなジグヘッドです。

そしてワームはピンテールワームを選びましょう。ピンテールワームはまっすぐな形状を取ったワームで大きさは1.5~2.0インチ辺りがおすすめです。

■リトリーブの釣り方解説

●ただ巻き、一定の速度で巻くだけ


リトリーブアクションの釣り方、誘い方を解説します。解説と言っても投げてただ巻く。それだけです!ただ巻くだけなのでただ巻きと呼ばれたりします。コツは一定の速度で巻き続けることです。基本はゆっくりと巻き続けましょう。次にリトリーブに慣れたらレンジを意識しましょう。ジグヘッドは鉛が付いているためにそのままにしておいたら沈みます。例えば着水してリーリングをすぐに開始すれば水面直下を引くことになります。少しカウントダウンして引けば中層を引くことになります。このように自分がどのレンジを引いているかを意識しながらアクションをすればより効果的です。

▼リトリーブアクション参考動画▼

■合わせはどうしたら良いのか?

●重みを感じてからスイープに

合わせはどうしたら良いのか?いきなり当たったらドキッとするのが心理なので、簡単にご説明します。メバルのアタリはコココッンと子気味良く当たる場合が多く、特にリトリーブの釣りはその傾向が品緒に見られます。メバルはバイトした際に、反転行動(バイト後に方向転換)をとります。これは自分のテリトリーに食ったらすぐ帰る。という性質を持ち合わせているからです。よって、しっかりと口にワームが吸い込まれれば必ず反転してロッドに重みが乗ります。逆に当たったけど軽い…という場合はワームを弾かれただけの場合があります。よって、重みを感じてからスイープに合わせを入れることをおすすめします。

▼メバルの捕食シーン▼

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介