メバリングにおすすめのライン特集|フロロ、エステル、PEとリーダーをご紹介

ラインはナイロン、フロロカーボン、エステル、PEラインなど様々な種類を使うのがメバリングですが、今回はメバリングにおすすめなラインを各種類ごとにご紹介します。また、各ライン種類ごとにおすすめの号数、何号が良いのか?も添えながらご紹介します。

■おすすめのナイロンライン

●2.5LB 0.6号辺りがおすすめ

ナイロンのおすすめラインをご紹介します。ナイロンラインは柔らかくしなやかで扱いやすいラインです。しなやかである分伸びがありますので、フロロやエステルに比べると感度の部分は劣ります。現代のメバリングでは多種のラインの開発により、あまり使わてない傾向にありますが、トラブルレスなのでライトゲームに慣れていない人にはおすすめです。
VARIVAS メバルゲート 2.5LB 0.6号

■おすすめのフロロカーボンライン

●2.5LB 0.6号 辺りがおすすめ


フロロカーボンのおすすめラインをご紹介します。フロロカーボンはナイロンラインに比べて低伸度のためのアタリが分かりやすく高感度です。またライン自体の自重が高いのでジグ単などのライトリグの操作に適しているという特性があります。太さは好みにもよりますが、2.5LB 0.6号辺りが使いやすくておすすめです。
LINESYSTEM ロックゲーム2.5LB
安価で強度の高い扱いやすいラインです。

クレハ フロロリミテッド2.5LB

100m巻きにしては高価なラインですが、しなやかさが抜群で扱いやすいラインです。感度、強度ともに◎です。

■おすすめのエステルライン

●1.5LB 0.3号辺りがおすすめ


エステルのおすすめラインをご紹介します。エステルラインはフロロカーボンラインよりもさらに低伸度なラインです。極細ラインなのに自重が高いので強風下でもライトゲームを河口にする特性を持ち合わせています。おすすめの太さは1.5LB 0.3号辺りです。フロロよりも細い理由は、エステルは張りが強すぎるのでラインが太いとパーマネントなどのライントラブルが出てくる可能性が高いです。これを抑えるために、細いラインを推奨します。
34 ピンキー 1.4LB
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
34(サーティーフォー) ピンキー 200m 0.3号【あす楽対応】
価格:1620円(税込、送料別) (2017/12/23時点)
エステルラインで最も有名な34のピンキー。200m巻きでこの価格は安いです。

サンライン 鯵の糸
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
【メール便可】サンライン【エステルライン】鯵の糸
価格:1555円(税込、送料別) (2017/12/23時点)
サンラインからついにエステルラインが出ました!アジング用でがメバリングにももちろん使えます!

■おすすめのPEライン

●0.3~0.6号を使い分けよう


PEのおすすめラインをご紹介します。PEラインは他の種類とは比較にならない強度を持っているのが大きな特徴です。ただし、自重が軽いので強風に弱いというデメリットもあります。ただし、ジグヘッド単体でも使用できますし、キャロ、フロートリグ、小型メタルジグ、プラッキングには欠かせないアイテムです。太さは0.3号で基本は十分ですが、磯などで尺メバル狙いの場合は0.6号の強いシステムにしたりもします。

ラパラジャパン ラピノバXマルチゲーム0.3号

このラインはコストパフォーマンスに優れた素晴らしいラインです。釣行頻度の高い私も愛用していますが、半年~1年は巻き替えなくても使えます。

サンライン スモールゲームPE
サンラインのラインはやはり信頼がおけます。ラインコーティングがしっかりしていて扱いやすいです。

■おすすめのショックリーダー

●5LB 1.5号 辺りがおすすめ


リーダーのおすすめをご紹介します。リーダーはフロロカーボンを使用します。メインラインの種類、太さに合わせてリーダーの太さを変えるのがベストですが、1.5号辺りを一つ持っていれば、メバリングであれば大体のシステム、リグに対応できます。

バリバス ライトゲームショックリーダー5LB

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介