メバリングにおすすめのワーム特集|良く釣れる色、カラー、大きさの紹介と釣り方解説

ワームは手ごろに釣果が挙げられるおすすめのメバリングルアーです。一言でワームと言えど色々な形状や色、カラーがあってそれぞれ動かし方や使い方が違います。今回はジグヘッドへのワームの付け方から、大きさ、仕掛け、を解説するとともに、ワームの釣り方を解説します。また、メバリングにおける爆釣ワーム、最強ワームを厳選してご紹介します。さらにマッチするおすすめのジグヘッドもご紹介します

■ワームの付け方解説

●シャンクの長さを覚えてセット


ワームの付け方を解説します。ワームはジグヘッドにまっすぐ付かないと本来のアピール力がガクンと落ちてしまいます。まず、シャンクの横に装着するワームを並べてみます。この時にフックポイントを出す位置を覚えておきます。後はワームの真ん中を通るイメージで刺していきます。後は先に覚えておいた場所からフックを出せば完成です。シャンクの長さを覚えておくことがワームをまっすぐに挿すコツになります。

■おすすめのワームの大きさ

●1.5~2.0インチ


ワームの大きさはメバリングで気にするべきポイントです。メバルは結構シビアで、例えば水面でバシャバシャとライズが起こり明らかに高活性な場面でもワームサイズが外れるとバイトに至らないということが多々あります。基本的には1.5~2.0インチの大きさが主流であっておすすめです。アジングでは3.0インチ以上のロングワームを多用するので、比較するとメバリングは短めのワームとなります。

■おすすめの色、ワームカラー

●クリア系を中心に


色、カラーはワームでのメバリングにおいて釣果を左右する要素です。各メーカーが様々なカラーを生み出していますが、大きく3つに分けるとわかりやすいです。一つ目はクリア系、ワームが光を透過させるかどうかが重要です。常夜灯の下や日中のデイメバリングなど様々なシーンで活躍します。2つ目は不透明です。光を透過しない、シルエットで食わせるカラーです。闇磯やデイメバリングのリアクションゲームにおすすめです。3つ目はグロー系です。自発光するためにヘッドライトで蓄光してから使用します。シチュエーションとしては、マズメ時や様々なシーンがありますが、クリア系で釣れない時に対象カラーとして変えると食ってくる、といったケースのあるカラーです。

■釣り方、アクションの種類とワームの形状 タイプ

釣り方、動かし方がワームの形状、タイプによって異なってきます。あまり考えずに投げて巻けば釣れるということもありますが、使用するワームがどういうアクションをするとどう動くのかを知っておくことは釣果のアップにつながります。それでは以下にワームのタイプをご紹介します。

●ピンテール


ピンテールワームは1.5~2.0インチくらいの大きさで、形状はほぼ真っすぐ、テール部分が少し細くなっています。実はこのピンテールこそが元祖メバリングワームと言っても過言ではないくらい、昔から存在するメバリング用のワームです。ピンテールはただ巻きが一番威力を発揮します。特に表層のただ巻きでは実績の高いワームです。
▼ピンテールにおすすめのただ巻き▼

●シャッドテール


シャッドテールワームはテール部分が水流を受けるように楕円状になっています。この部分に水流を受けると左右にしっぽを振るようにウォブリングアクションをしてくれます。ただ巻きで水平に引いて来たり、フォールさせるだけでも尻尾を振りながら落ちていくので非常にアピールしてくれます。

●リブ形状


リブが付いたワームが近年になって出てきました。リブとはワームの周りに多数のリング状の凹凸のことを言います。このワームの最大の特徴は微波動です。水流を受けるとリブが微小に震えて微波動を出します。これがワームの存在感を大きくします。使い方はどんなアクションでも使用できますが、やはり波動を意識すると、ゆっくりとした動きやストップさせることで波動を出しているイメージで使用することをおすすめします。

●ダート、ワインド


デイメバリングで確立させたリアクションゲームにおすすめなのがダートタイプのワームです。断面が三角形状になっているワームが多く、ロッドをちょんちょんと煽ることでワームとジグヘッドが左右に水流を受け流すので、ワームは右へ左へスライドします。この動きをダートと言います。この手のワームには、ダート用のジグヘッドとセットで使用することでダートアクションを生み出すことができます。

▼ワインドゲーム参考動画▼

■厳選!おすすめ最強ワーム10選!

爆釣ワームとなりうるメバリングにおすすめのワームを厳選してご紹介します。今回ご紹介するのは筆者が使用して実際に良く釣れたワームを、使いやすさやインプレを添えてご紹介します。

オフト ソルティースクリューテールグラブ 1.5インチ【ピンテール】


メバリングワームを語る上でこのスクリューテールグラブは外せない、元祖メバリングワームです。ただ巻くだけで釣れるピンテールワームです。このワームのグローカラーは本当に実績の高いカラーです。

ダイワ 月下美人 ビームスティック 1.5インチ【ピンテール】


メバリングにおすすめのピンテールワームです。このワームは強度が高くワームがずれにくいのが特徴です。特にクリアカラーは常夜灯下でのメバリングに実績の高いカラーです。

●ジャッカル ペケペケSQ 2インチ【ピンテール】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
ジャッカル ペケペケSQ 2インチ (メバル アジングワーム)
価格:408円(税込、送料別) (2018/2/17時点)

ピンテールワームの形状ですがテールがX形状を取っており、潮流にリニアに反応します。ただ巻きからフォールまで様々なアクションに対応できるワームです。ひとまずこれ投げとけば…という代表的なワームです。

スミス(SMITH LTD) メバピンピン 1.4インチ【ピンテール】


メバリングワームの中でもピンテールを意識するならこのワームです。テールが名前のごとくピンピンと左右上下に揺れてメバルを誘います。1.4インチというサイズ感からも豆アジからデカメバルまで対応可能なワームです。

マルキュー グラスミノー SS【シャッド】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
マルキュー グラスミノー SS #019(ピンクグロウ/夜光)
価格:535円(税込、送料別) (2018/1/15時点)

シャッドタイプでおすすめなのがマルキューエコギアのグラスミノーです。このワームはメバリングのみならず、カサゴやアイナメ、またバスフィッシィングなどでも昔からあるオールドルアーです。もちろん実績が高く、このワームでのフォールはテールがバイトを誘発する動きをしてくれます。

レイン(REIN) レインズ アジリンガー【リブ】


レインズのアジリンガーはリブ付きのワームの代表格です。名前にアジと入っていますが、メバルアジどちらも良く釣れるワームです。ストップ時の波動を意識してバイトを誘発することがおすすめです。

バークレイ パワーベイト シュラッグミノー 1.5インチ【ダート】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
バークレイ パワーベイト シュラッグミノー 1.5インチ
価格:598円(税込、送料別) (2018/1/15時点)

ワインド、ダート釣法におすすめなのがこのシュラッグミノーです。テールを見ると一見シャッドタイプか?と思いますが、ボディー部分が逆三角形をしていて、軽いトゥイッチで左右にスライドします。また、胸鰭部分に付いている両サイドの突起が進行方向と逆についています。これはスライドをストップさせる効果があります。ダート→ストップ→ダート、このメリハリが日中のメバリングに有効です。なお以下の尺ヘッドDタイプとセットで使用することをおすすめします。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
【メール便可】Jazz 尺ヘッド DX マイクロバーブ Dタイプ
価格:388円(税込、送料別) (2018/1/15時点)


スミス(SMITH LTD) メバピョンピョン 1.3インチ【ダート】

ワインドをマイクロ化した典型的なワームです。トゥイッチを入れれば左右にピョンピョンとダートします。日中のメバリングでスレたときなどに特に威力を発揮してくれます。ジグヘッドタケちゃんとのセットがおすすめです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
スミス ジグヘッド タケちゃん STD(無塗装) 0.9g〜2.3g
価格:475円(税込、送料別) (2018/2/18時点)

バークレイ ガルプ! ソルトウォーター ベビーサーディン


メバリングワームの中でも反則級に釣れるのがガルプワームです。通常のワームとは違って特殊液体に染み込んだボディーからは集魚力の高い臭いエキスが発せられます。特にベビーサーディンはピンテールでメバリングには持って来いのワームです。アタリが渋くなった時の最終手段でこちらを投入すると一発で釣れることがあります。

【マルキュー】アクア 活メバルシラス 2


メバリングワームの中でも活メバルシリーズは特殊な液体に浸されたガルプワームと同ジャンルのワームです。テールの先に付いている球体が潮流になびいてメバルのバイトを誘う動きを演出します。

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介