メバリングのコツを教えて!とにかく釣りたい初心者の方におすすめのルアーやタックル入門解説

コツが知りたい!メバリングを始めたばかりの初心者の方でとにかく釣り方を知りたい!そんなアングラーさんもいるかと思います。今回はメバルを確実に簡単に釣る為に入門用のルアー、ワーム、ジグヘッド、ライン、タックルをご紹介するとともに、誰でも出来る簡単おすすめメバリングアクションを解説します。

■初心者の方におすすめのタックル

●6フィート台のロッドを使おう


タックルは各メーカーから色々な商品がラインナップされていますが、初心者の方でまずは1本という場合は、使い勝手が良くて取り回しが楽な6フィート台のロッドを選びましょう。リールは2000番クラスの小型のスピニングリールがおすすめです。メバリングロッドといっても価格帯が幅広いのでいくら出せばよいのか迷いますが、ロッド:1万円台、リール:1万円台 合わせて2万円これくらいを目安に考えれま良いかと思います。

■初心者の方におすすめのライン

●フロロカーボンラインを使おう


ラインはフロロカーボンがおすすめです。フロロカーボンラインは伸度を抑えたラインです。伸びが少なくなるとロッドにアタリが伝わりやすくなるという特徴があります。メバリングの場合は小さなアタリを拾っていく釣りになりますので、感度の良いラインを使うと有利になります。さらに感度を追及した、エステルラインやPEラインなどもありますが、取り扱いが少し難しくなるのと、慣れないとトラブルが発生する可能性が高くなるので、総評して初心者の方にはフロロカーボンラインをおすすめします。

■絶対メバルが釣れるルアーとは

●ワームを使おう!


ルアーは何を使えばよいのか!?実はメバリングのルアーは色んな種類があります。これはメバルが色々な食性を持っていることの裏返しであります。しかし、これではメバリングを始めたばかりのアングラーさんは迷ってしまいます。そこでおすすめなのはワームです。大小問わずメバルはワームには好反応を示します。手堅く1匹釣りたい!そんな場合はまずはワームを使いましょう!

■どんなワームが良いの?

●ピンテールワームがおすすめ


ワームと言えど、実はいろんな種類がラインナップされています。そんな時はピンテールワームを選びましょう。ピンテールワームは2.0インチ前後の短いストレート系ワームです。特徴としてはテール部分がピンピンと水流を活けて動くことです。このピンテールワームはメバリングがルアー釣りとして始まったころから安定した釣果をもたらすということで有名です。メバリングにはピンテールワームは外せないので覚えておきましょう!

■ジグヘッドは何がいいの?

●1.0gのリトリーブタイプ


ジグヘッドは~タイプといったような表記がされて様々な種類がありますが、基本的にはリトリーブタイプを選びましょう。そもそもリトリーブタイプはジグヘッドの基本形で名前も後から付いてきたようなもんです。特徴としてはヘッド部が球体をしているので水流を上下左右均等に流します。その為にジグヘッドはまっずぐに進みます。ジグヘッドの基本形です。初心者の方でジグヘッドを揃える際にはまずはリトリーブタイプをゲットしましょう。

■どんな場所に行けばいいのか?

●漁港の常夜灯下がおすすめ


ポイント選びはメバリングには重要ですが、初心者の方におすすめなのは常夜灯のある漁港です。漁港自体、サイズを問わなければメバルが居る可能性がとても高いポイントです。また、夜になれば常夜灯が灯り、走光性なるプランクトンが集まります。それを餌とするメバルも集まってくるので常夜灯下は格好のメバリングポイントとなります。また、初心者の方で夜釣りが不安という方でも灯りがあって足場が良いので安心して釣りが出来ます。

■初心者の方におすすめの釣り方

●ジグヘッド単体を使おう


釣り方が豊富なのがメバリングの面白いところですが、初心者の方でまずはどうやってメバリングに慣れればよいのかわからない。そんな方におすすめの仕掛けはジグヘッド単体です。略してジグ単などとも呼びます。仕掛けはいたってシンプルで、リーダーの先にワームをセットしたジグヘッドを結ぶだけです。これだけで簡単に釣れてしまいます。

■初心者の方におすすめのメバリングアクション

●ただ巻きをしよう!


アクションはアングラーがルアーを生きているように魚に見せる技術です。よってたくさんの誘い方があります。しかし初心者の方にはどうやったらいいのかわからないというアングラーさんも多いです。そこでメバリングの場合はまずただ巻きをしましょう。ただ巻きとはその名のごとくただ巻くだけです。キャストしてジグヘッドをただ巻くと、直線運動をします。実はメバルは一定速度の直線運動するものに好反応を示す習性があります。ただ巻くだけですが、メバルをバイトに導く簡単なアクションです。メバリング始めたての方にはおすすめのアクションです。メバルがバイトすると、コツコツっと小気味良いアタリが出ます。この当たりを捉えるのがメバリングの面白さです。
▼メバリングただ巻きアクション参考動画▼

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介