メバリングやアジング、ライトゲームにおすすめのスナップ特集|サイズや結び方をご紹介

スナップはメバリングやアジングなどのライトゲームをする上で、ジグヘッドやプラグなどを接続、交換するのに大変便利なアイテムです。今回はライトゲームに適切なサイズや、ジグ単におすすめのスナップ、アクティブメバルスナップや音速ミニスナップなどをご紹介します。

■ジグヘッド用のスナップとハードルアー用のスナップ

●用途によって使い分けが必要


スナップは大きく分けると種類が2つあります。一つはプラグや小型ジグなどのハードルアーを装着するために使うスナップで、もう一つはジグヘッド単体に使用するスナップです。前者はクロスロック型のものを、後者はロックしていないタイプのものをおすすめします。実際のところ、どちらをどちらに使っても可能ではありますが、高価なハードルアーにはしっかりとホールドしてくれるロック式をおすすめします。

■メバリングやアジングにおけるスナップサイズ

●1.0cm前後がおすすめ

サイズを考えてスナップを選ぶことは大切です。特にアジングやメバリングなどのライトゲームでは小型のルアーを使用することが多いです。スナップが大きすぎたりするとルアーのスイミング姿勢を崩してしまうので適切なサイズを選ぶことが重要になります。各メーカーでサイズの表記が違うので一概には言えませんが、0.8~1.0cmくらいの大きさがライトゲームに使用する一般的なスナップのサイズです。

■アジングやメバリングにおけるスナップの結び方

●クリンチノットが簡単でおすすめ


結び方をご紹介します。スナップが付いていても直結でも、ライトゲームには簡単で強度があるクリンチノットがおすすめです。この結び方を覚えれば、初心者の方でも色々なリグづくりに役立つので是非覚えましょう!

▼クリンチノット参考動画▼

■ライトゲームにおすすめのスナップをご紹介

おすすめのライトゲームにピッタリなスナップを厳選してご紹介します。ジグ単用とハードルアー用に分けながらご紹介します。

■ジグ単におすすめのスナップ

●tict ラクリップ


ジグ単におすすめのスナップをご紹介します。ジグヘッド単体リグを使用する場合、ショックリーダーを直結することが多いですが、ジグヘッドを交換する際にいちいち結びなおすことが釣り場だと面倒なことがあります。そこでおすすめなのがtictのラクリップです。ジグヘッドのアイにスナップのワイヤーを通すだけで簡単、ワンタッチで交換ができます。寒くて手がかじかんでいる時にはノットを結ばなくてもよいのでおすすめです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
林釣漁具製作所 ラクリップ(Laclip)
価格:390円(税込、送料別) (2018/3/23時点)

アイの長いラクリップロングもあります▼

●ACTIVE メバルスナップ


アクティブ メバルスナップもジグ単におすすめのスナップです。ジグヘッドのウエイトチェンジが簡単にできるスナップです。madeinJapanなので強度も問題なしです。サイズはss,s,mと展開されていて、ssとsはファインワイヤー、mはレギュラーワイヤーを使用しています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
アクティブ メバルスナップ S
価格:243円(税込、送料別) (2018/3/23時点)

●ACTIVE メバルスナップ

アクティブ アジスナップはメバルスナップのバリューパッケージ版となっております。ss,s,mとサイズ展開があり、22個入りとなっています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
アクティブ アジスナップ SS【あす楽対応】
価格:388円(税込、送料別) (2018/3/23時点)


■プラッキングや小型ジグなどハードルアーゲームにおすすめ

●がまかつ 音速ミニスナップ


音速ミニスナップはがまかつから出ている小型スナップです。小型ではありますが抜群の強度を誇ります。このスナップの特徴は脱着の際に普通のクロスロック型のような開閉作業が必要ないところです。ワイヤーの先端部から装着したいルアーのアイを通していくだけで装着ができるので素早い交換に適しています。また、開閉作業をしないのでワイヤーのへたりが無くて強度を保ち続けてくれます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
がまかつ 音速ミニスナップ(徳用) #0 NSB
価格:778円(税込、送料別) (2018/3/23時点)

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介