風が強いときのアジングやメバリングにつかえる対策法|スプリットやキャロ、フロート

強風下でのアジングやメバリングは、扱うルアーが軽いライトゲームなので厳しいものがあります。しかし、強い風を制すると思わぬ好釣果に恵まれることもあります。今回は風に強いジグヘッドやPEライン、強風下での底取りの仕方をご紹介するとともに、アジングの横風対策やキャロやスプリット、フロートリグでの爆風アジング攻略法をお紹介します。

■風が強いときにアジやメバルは釣れるのか?

●爆釣する時がある


難しいとわかっていて、風が強い中あえてメバリングやアジングをする必要はあるのでしょうか?答えとしては試す価値はあります。というのも毎回必ずというわけにはいきませんが、強風下でのアジングやメバリングは爆釣する時があります。理由は色々とありますが、潮がかき混ぜられて溶存酸素が多くなり、魚の活性が上がったり、風に押されてベイトが溜まったり、など、強風が好条件をもたらす場合があるのです。*あくまで安全が確保できることを前提とします。

■強風下での底の取り方

●風に対して逆らうように投げるのがコツ

底取りが難しい!風が強いと感じることが多いと思います。そんなときの底取りには少しコツがあります。それは風に逆らうように投げることです。要は向かい風の状態に持っていくことです。向かい風だと、ラインは手前に押されると同時に、リグは簡単にボトムへ落ちていきます。

■アジングでの向かい風

●実は底が取りやすい

向かい風でのアジングは実は底が取りやすいです。向かい風に向かって投げるということは、リグは手前に押されることになりますが、着水後、リグは手前に押されながらしっかりと沈んでくれます。逆に追い風の場合は煽られて、リグは沈みにくくなります。向かい風の場合は棚が取りやすいということです。向かい風が強いとリグは手前に寄ってしまいますが、そのようなときはベイトやアジ、メバルも手前に寄っている傾向があるので十分釣りが成立する可能性が高いです。

■アジングでの横風対策

●アップに投げて、ドリフト

横風がうっとうしい!アジングをやっているとそう感じることが多いと思います。そんな時はアップに投げることをおすすめします。アップとは潮上であったり風上を挿します。横風の場合は吹いてくる方向に投げて、棚取りをしながら潮になじませていくと釣り座の正面にリグが来るように調整しながら、キャストの角度を選ぶことがセオリーです。

■スプリットリグでの風対策

●ジグ単の感覚で操れる


スプリットリグはジグ単の感覚で操れて、かつ強風対策になるリグです。スプリットシンカーはジグヘッドとは離れているのでジグヘッドは潮流に対して自然な動きが得られます。それにスプリットシンカー分のプラスウエイトがあるので、風対策におすすめなリグの一つです。

■キャロでの風対策

●強風下でも飛距離が出る!


キャロは風が強い中でも飛距離が出て、かつディープゾーンを狙い撃つことができます。キャロは重量が8-10gはあるので風が強い中でも飛距離を稼ぐことができます。かつ、空気抵抗が少ないフォルムをしているので飛行姿勢が安定し、横風にも強いです。また、バックスライドフォールをするので着水点の向こう側のディープゾーンを打つことができます。

■フロートリグでの風対策

●表層を広範囲に狙うのにオススメ


フロートリグはアジやメバルが表層に上ずっている時におすすめな仕掛けです。ジグ単で表層を攻めたいけれど、風が強くて広く探れない。そんな時にはフロートが最適です。ジグ単に5g前後のプラスウエイトが与えられるので、風が強くてもある程度の距離が稼ぐことができます。フロートは水面付近に漂う特性があるので、ゆっくりとリトリーブをするだけで、風、潮流に同調しながら表層を攻めることができます。

■風に強いPEライン

●Duel アーマードF

風に強いPEラインをご紹介します。おすすめなのがDuelのアーマードFです。使い心地がものフィラメントラインのようなのが特徴です。PEラインなので強度も高く、比重は1.0なので潮流への馴染みも抜群です。フロロやエステル系のラインに慣れているアングラーの方にもおすすめしたいPEラインです。

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介