メバリングにおすすめのトッププラグ特集!種類やカラー、ロッドアクション釣り方の徹底解説

トッププラグでもメバリングは成立します。今回はトップウォーターでのメバリングにはどんな種類のプラグが向いているのか、アクションやロッドワークの解説をするとともに、トップウォーターでのメバリングにおすすめなカラーをご紹介します。

■トップウォーターでのメバリング

●水面が弾けるのが見えて大興奮


トップウォーターでのメバリングは、なんといってもバイトシーンが目視できることが魅力です。メバルは水面付近で捕食することが多く、トップウォータープラグに反応することも多いです。その際にバシャっと音を立てながらプラグにバイトするシーンが確認できます。ライトゲームに位置付けされるメバリングではありますが、トップゲームが成立すればエキサイティングなメバリングが展開できます。

■トップでメバリングが成立する場所は?

●常夜灯があるところ


トップでのメバリングが成立するポイントは常夜灯の明りが海面を照らすポイントです。光しっかりとあるところは勿論、光が少しでも射すようなポイントなら可能性があります。また逆に、真っ暗なポイントだと可能性は極めて低くなります。

■トップでつかえるプラグの種類

種類がプラグの中にはたくさんありますが、トップでメバリングに実績があるプラグの種類を解説します。

●基本はペンシル


メバリングにおけるトッププラグで最も基本的なのがペンシルベイトです。色々なメーカーがメバル用のトッププラグをラインナップしていますが最も多いのがペンシルベイトであり、良く釣れるプラグでもあります。ペンシルベイトと言えばドッグウォークという左右に首を振るようなアクションが特徴的ですが、メバリングにおけるペンシルベイトはステイ中心の使い方になります。

●ポッパーも釣れる


トッププラグの中でもポッパーもメバリングに使えるプラグです。ポコポコと小さな音を立てるのが特徴ですが、ペンシルベイトと同様にステイ中心のアクションでメバルを誘い出します。

■トッププラグにおすすめのアクション

●どんな種類のプラグでも基本はステイ!

アクション、使い方の解説をします。メバリングのトッププラグの使い方はどんな種類のプラグでも基本はステイです。いかにナチュラルにプラグを流すかがキーポイントです。常夜灯下のポイントで主にベイトになるのは、アミや小イカです。これらのベイトは基本海面付近を漂うようにいます。よってあまり動かす必要がなく、逆にステイして潮と同調するように流してあげるのがおすすめです。バイトがあると水面が割れるのですぐわかりますが、気を付けなければいけないのがフッキング率が悪いことです。メバルは水面付近へのバイトが非常に下手で、なかなかフッキングが決まらないことが多いです。よって水面が割れたからと言って慌ててフッキングするのではなくて、しっかりと重みが乗ったのを確認してからフッキングする、「向こう合わせ」くらいの感覚でOKです。


■トッププラグでのメバリングにおすすめのロッド

●7ft台のメバリングロッドであれば十分


ロッドでおすすめなのは7ft台のメバリングロッドです。トッププラグだからと言って専用のロッドを使用する必要はありません。できればしっかりと曲がるロッドを選びましょう。前述の通りメバルのトップゲームは出ても弾かれて乗らない場合が多いです。よって、硬すぎるロッドは避けて、しっかりと曲がるロッドを使用しましょう。

■メバリングにおすすめのトッププラグ特集

トッププラグのおすすめをご紹介します。メバリングで実績があるものを厳選してラインナップしていきます。

●メバペンメバル


メバリングの元祖トップウォータープラグです。トゥイッチをすると細かく首を振ってアピールします。基本はステイでバイトさせるのですが、浮き姿勢が水平で絶妙なドリフトをしてくれます。


メバペンのスモールサイズバージョンです。アミパターンなどバイトが出るけれどなかなか乗らない時に投入する一口サイズのトップペンシルです。

●ジャクソン ピグミーボックス・PY ポッパー


ポッパーで良く釣れるのがピグミーボックス・PYポッパーです。波っ気がある時には姿勢が安定するポッパーがおすすめです。ヒラスズキも上げた実績があります。

■トッププラグはデカくても釣れる!ビッグプラグ特集

トッププラグは大きくても釣れます。7cmくらいの大きさなら余裕でバイトしてきます。理由の一つとしては、一つの群れであると演出ができることです。例えばアミの群れに突っ込むことを誘発するといった感じです。それでは実績の高いビッグプラグをご紹介します。

●メバペンマグナム


メバリング用のプラグとしてはあり得ない7.7gというヘビーウエイトですが、強風下でも安定したキャストが可能で、飛距離抜群です。安定したドリフトで小型メバルから良型まで釣ることができます。
*自分の半分くらいの大きさにもかかわらず、果敢にバイトします。


バス用のプラグですがメバリングのトップゲームでも実績が高いです。切れの良いドッグウォークをするので、シーバスの表層パターンにもおすすめです。

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介