メバルプラッキングにおすすめのシンキングペンシル|ラパラ フラッタースティックマッドフラッシュの使い方やインプレとレビュー

メバリングで良く釣れるプラグにラパラのシンキングペンシルである、フラッタースティックマッドフラッシュがあります。このルアーは飛距離が稼げてかつ扱いやすい万能型ルアーです。今回は使い方や、どんな誘い方、アクションが良いのかをレビューや実釣画像を交えてまとめます。

■ラパラフラッタースティックマッドフラッシュ

●重さ3.5g 長さ4.0cm 飛距離抜群の万能メバリングプラグ


フラッタースティックマッドフラッシュは飛距離を稼ぐことができる万能なシンキングペンシルです。重さは3.5g長さは4.0cmと大きくもなく重くも無いボディーサイズではありますが、スリムなボディー形状が飛距離を生みます。引き抵抗も少ないのでジグ単の延長のような感覚で扱うことができるプラグです。

■おすすめのアクション

●フォールがフラフラしてバイトを誘発

アクションでおすすめなのがなんといってもフォールです。フラッタースティックマッドフラッシュは水平から少しリア下がりな状態で左右にフラフラと震えながらフォールします。これをシミーフォールと呼んだりもします。また、ただ巻きで簡単にテールを振るような細かいS字アクションを演出できます。フォールとリトリーブの組み合わせでバイトを誘いましょう。

■リフトアンドフォールで細かく攻めよう

●トゥイッチからのステイ


アクションを具体的に解説します。キャストの後に任意の棚を取ったらトゥイッチで軽く持ち上げます。その後のステイでフォールを演出します。たったこれだけです。アタリはフォール中か次のトゥイッチでドンっと出る場合が多いです。フラッタースティックマッドフラッシュはフォールが極めてナチュラルなので沈み根の上に優しく置いてあげるように操作すると根に付いたメバルがバンバンアタックしてきます。

■おすすめのカラーは?

●クリアクラッシュホロ!


カラーのおすすめはクリアクラッシュホロです。このカラーをおすすめするのはどんな時間帯でも状況でも対応できるからです。日中からマズメのローライト、夜間の常夜灯下や闇磯など色々な状況に対応ができます。


このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介