レンジを使ったほうれん草と卵のマヨネーズ焼きレシピのご紹介|安くて簡単!男の一人暮らし究極料理

一人暮らしをする男性にとって、自炊や料理って本当にめんどくさいですよね。。今回は面倒くさがりな男性におすすめの、安くて簡単、包丁要らずのレシピ「ほうれん草と卵のマヨネーズ焼き」をご紹介します。

■用意するもの

簡単な包丁要らずレシピ「ほうれん草と卵のマヨネーズ焼き」に必要な食材と器具をご紹介します。


・ほうれん草:1束
・卵:2,3個(もっと多くてもOK)
・マヨネーズ

・耐熱皿
・ラップ

■レシピの解説

●洗って、皿に置いて、ラップしてチン!

レシピの解説をします。解説と言ってもほとんどすることがありません。。。

①ほうれん草を水洗いして耐熱皿に敷いていきます。この時はみ出さないように注意しましょう。

②ほうれん草の上に卵を割って落としていきます。この時卵を等間隔にレイアウトできると少し見栄えが良くなります。今回は卵の賞味期限が迫った来ていたために、高カロリー覚悟で卵を4つ投入しました。一人暮らしあるあるですよね。。。

③卵の上に好みの量のマヨネーズをかけていきます。

④後はラップして電子レンジでチンすれば完成です。白身が変色する頃が完成の目安です。レンジにかける時間は800wで4分弱、600wで5強といったところです。各レンジにばらつきがあるのでご自身で目視して確認することをおすすめします。

■ほうれん草と卵のマヨネーズ焼き 完成!

●包丁まな板一切使用せず


簡単レシピを追及して包丁やまな板を一切使用せずに作ってみました。インスタ映えなんて知りません!笑

いかにも男の一人暮らしレシピ、手抜き料理といった感じになりましたが、味は抜群です!ほうれん草のほろ苦さとマヨネーズのうまみと酸味を卵黄がまろやかに包み込んでバランスの良い味わいです。

手抜き感とインパクトを出したかったので、ほうれん草は束のまま丸々投入しましたが、食べやすさを考慮して加熱前に手でちぎってからお皿に敷いていってももよいかと思います。いずれにせよ包丁まな板要らずの簡単レシピなので是非ともチャレンジしてみてください!

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介