釣り人必見!根魚を使ったアクアパッツァの作り方|フライパンを使った簡単レシピ

アクアパッツァというイタリア料理をご存知ですか?意味は魚介類をトマトやオリーブオイルで煮込んだものとされています。今回はフライパンを使った簡単なアクアパッツァのレシピをご紹介します。鱈や鯛など魚の切り身を使うのが一般的ですが、今回は釣り人におすすめ、カサゴなどの根魚を使った激ウマアクアパッツァをご紹介するとともに、〆のパスタ料理もご紹介します。

■魚を丸々使ったアクアパッツァ

●旨味成分が最高


切り身ではなくて、魚を丸々使ったアクアパッツァは魚の骨や軟骨から最高のうまみ成分が出て大変おいしいです。例えば釣り人の方だとカサゴなどの根魚が多く釣れてどうやって料理しようか悩む方も多いかと思います。そんな時におすすめなのがアクアパッツァです。カサゴなどの根魚はスーパーでも安価で売っていますので釣りをしない人でも購入することができます。それでは簡単レシピをご紹介します。

*今回はアヤメカサゴという種類のカサゴでアクアパッツァを作ってみました!

■用意するもの

●調理器具はフライパンのみ

フライパンを使ったアクアパッツァなので、基本的に調理器具はフライパン一つだけです。

<食材>
・カサゴ:2匹くらい
・しめじ:1ふさ
・ミニトマトorトマト:お好きなだけ
・あさり:約20個
・ニンニク:2つ
・オリーブオイル
・白ワイン

<調理器具>
・フライパン
・アルミホイル(落し蓋があれば不要)

■作り方解説

●オリーブオイルで魚の表面を焼くと臭みも消えて香ばしくなる

作り方作り方の解説をしていきます。

①魚の下処理をする
魚の下処理をしておきます。基本的に鱗、エラ、内臓を取り除いてキッチンペーパーなどで水けを取ればOKです。

②トマトしめじを切る
ミニトマトを使うときは1/2に切ります。トマトの場合は1/6切りくらいがおすすめです。今回はミニトマトを使用しました。しめじは石づきの部分の切ってバラバラにしておきます。

③ニンニクを乱きりする
ニンニクを切ります。あまり深く考えずに切りましょう。ゴロゴロした感じでOKです。

④フライパンにオリーブオイルとニンニクを投入

フライパンにオリーブオイルとにんんくを投入します。オリーブオイルとニンニクは常温の状態から投入しましょう。弱火でじわりと揚げるようなイメージで温めていきます。ニンニクに少し焦げが付いて来たらニンニクを取り出します。(取り出したにんにくは完成後にアクセントで入れてもOKです)

⑤魚に下味をつける。

魚に下味をつけていきます。今回はクレイジーソルトで下味をつけましたが、シンプルに塩を振っておいてもOKです。

⑥表面を焼いていく

魚を投入します。香りの付いたオリーブオイルで表面をこんがりと揚げるイメージで焼いていきます。表面を焼くことで魚の臭みが消えます。

⑦あさり、しめじ、トマトを投入

あさり、しめじ、トマトを投入します。しめじで蓋をしてしまうようなイメージで盛りつけると、蒸し焼き状態になって魚の身がふっくらとします。

⑧白ワイン投入、中火で約10分で完成
白ワインを水深が1cmくらい投入し、アルミホイルなどで落し蓋をします。後は中火で10分ほど加熱してあさりと魚に火が入れば完成です。魚のみを少しほぐして中まで火が入っているか確認すると良いです。

■残ったソースでパスタをしよう!

●〆のパスタが一番うまい!

パスタを残ったソースに投入しましょう!実はこのパスタが一番の楽しみなくらい美味しいのです!魚、あさりの旨味、トマトの酸味をパスタに吸わせて美味しくいただけます。フライパンは最初から最後のパスタまで同じなので変える必要はありません。

パスタのゆで時間は表記時間より約1分短く切り上げて、フライパンに投入しましょう。

それでは皆さんもアクアパッツァに挑戦してみてください!

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介