超簡単!カット野菜を使った豚汁|一人暮らしの手抜き料理 でも美味い!

一人暮らしをされている皆さん。料理するのって億劫ですよね…。それでも食べないと体力が付きません。今回は超簡単にできるカット野菜を使った豚汁のレシピを作り方の手順を追いながらご説明いたします。包丁まな板を使うこと一切なし、作り置きが出来て安くて本当に簡単ですよ。

■用意するもの



簡単な一人暮らし用豚汁レシピに必要な具材です。

<食材>
・カット野菜(具材はお好みで)
・豚小間切れ(今回は300gぶち込みました)
・味噌

<調理器具>
・鍋

たったこれだけです!

■作り方、レシピの解説

●豚肉は水から徐々に加熱しよう

作り方の解説をします。

①鍋に水を張る
鍋に水を張ります。豚肉と野菜を投入した際に水位が上がるのを見越して水の量を決めましょう。

②豚肉を投入

豚肉を投入します。温度が低い状態から投入することで良い出汁が取ることができます。

③アクを取る

豚肉に火が入り軽く沸騰状態になると水面に灰汁が出ます。これを軽く掬い取ります。しっかりと取る必要はありません。

④カット野菜を投入

カット野菜を投入します。基本洗浄済みで市販されていることが多いのでそのまま投入しちゃいます。洗浄の有無の判断はご購入した表記を見てご判断ください。

⑤味噌を投入

野菜にも火が通ったら、火を止めて味噌を解いていきます。味噌は赤みそ、あわせ、白みそご自身のお好みでOKです。

以上で完成です。調理時間は10分もかかりません!

■コツと作り置き

●冷蔵庫に入れれば2日後まではストックできる。

作り置きをすることで料理の回数を減らせますよね。豚汁の場合は冷蔵庫に入れれば2日後くらいまでは保存可能です。勿論気候や条件によって変わりますので最終的にはご自身でご判断くださいませ。また、コツとしてはこま切れ肉を購入する際に、脂身が多いものを選ぶとコクが出て美味しい豚汁ができますよ!

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介