尺の実績が高い Zip bait Raphael !メバルプラッキングにおすすめのシンキングペンシル|アクションや使い方をご紹介

メバリングにおすすめのシンキングペンシルにZip bait Raphael があります。このルアーは尺メバルの実績が大変高いプラグで、実際に私も尺メバルを何本か獲っています。今回はラファエルのアクション、使い方の解説とおすすめのカラーをご紹介します。

■Raphaelってどんなルアー?

●ぶっ飛びシンキングペンシル


飛距離が圧倒的に出るのがラファエルの大きな特徴の一つです。空気抵抗が非常に少なく、飛行姿勢が安定しているので飛距離を生んでくれます。また、潮受けが良く、ゆっくりとしたリトリーブでもテールを左右に振るS字アクションをしてくれます。

■どんな状況で使うことが有効か?

●瀬の中の沈み根を攻めるのに最適


ラファエルは流れが効いている瀬にある沈み根を狙うのに最適です。前述のように飛距離が出ますので広範囲に探ることができるのと、潮を受けてしっかりと泳いでくれるので流れの中に付く大型メバルを引っ張り出すことができます。

■アクションのおすすめ

●基本はただ巻きでOK

アクション、使い方の解説をします。基本はただ巻きでOKです。リトリーブをするとテールを左右に振りながらゆらゆらとS字アクションをしてくれます。活性が高いときはそのままリトリーブしていれば日たくっていきます。また、沈み根が把握できている時はメバルが付いている可能性が高いので、食わせの間として軽くストップを入れるのもおすすめです。ちなみにストップの間はからだを揺らしながらゆっくりとシミーフォールします。

▼ラファエルを使ったメバリングおすすめ動画▼


■尺メバルキラー

●ラファエルは地磯で使おう


尺メバルキラーであると言っても過言ではない程、ラファエルは尺メバルの実績が高いです。理由としては安定した泳ぎと飛距離にあります。尺メバルが潜むところは、岩礁地帯や地磯がほとんどです。そのようなポイントは潮流が速かったり、波が荒いポイントが多いです。そのようなポイントでも小型ボディーながらしっかりとした泳ぎができることがラファエルの良いところです。

■おすすめのカラー


カラーのおすすめをご紹介します。こちらの尺メバルは実際に私が釣り上げた魚です。ヒットルアーは勿論 Zip bait Raphael 。カラーはクリアグリーンヘッドです。

▼クリアグリーンヘッド▼




濁りが入った時にはゴーストチャートヘッドもおすすめです。
▼ゴーストチャートヘッド▼

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介