カリカリジューシーな鶏むね肉のソテー|まな板包丁要らず!一人暮らし料理におすすめな大胆レシピ

鶏むね肉を使ったカリカリジューシーなソテーの作り方、焼き方をご紹介します。鶏むね肉と言えば安いときは68円/100gとかで買える、コスパ最強な一人暮らしの味方食材です。今回は鶏むね肉を大胆に使った、時短、簡単レシピをご紹介します。

■用意するもの

鶏むね肉のソテーに必要な食材と調味料です。
<食材>
・鶏むね肉…お好きなだけ

<調味料>
・片栗粉または小麦粉
・クレイジーソルト
・オリーブオイル
・ニンニクチューブ

■クレイジーソルトで下味をつける

●全体にまぶして小麦粉または片栗粉を薄く全体にまぶす


鶏むね肉のソテーのほとんどがこのクレイジーソルトで決まります。手抜き感は否めませんが、簡単だし何せ失敗することはまずありません!鶏むね肉にクレイジーソルトを全体にまぶします。その上から小麦粉または片栗粉をまんべんなく薄くまぶします。

■皮面を下にして焼いていく

●オリーブオイルにニンニクの香りを移してから焼こう

焼き方の解説をします。まずはオリーブオイルをフライパンに入れます。同時にニンニクも入れます。本当ならニンニクを切って入れるのがベストですが、時短手抜きの為にチューブタイプのものでも構いません。弱火~中火でじっくりと温めながらオリーブオイルに香りを移します。ニンニクに焦げ色がついて来たら取り出して、鶏むね肉を焼いていきます。

まずは皮面から焼いていきます。こうすることでカリカリに焼けます。次にひっくり返して全体の表面を焼いていきます。そしてアルミホイルで覆い、蒸し焼き状態で約15分ほどすれば完成です。

*一度ナイフ切って断面を見て火が通っているか確認をしましょう。

今回は手抜きを前面に出しながら、包丁を使わずに大胆に焼き上げました。最初から火が通りやすくするために切ってから焼いても良いですね!

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介