チニングロッドは買わないといけない!?エギングやアジング、シーバスロッドでの代用方法をご紹介

チニングロッドについて解説します。チニングを始めようとしたとき、真っ先に考えるのがどんなロッドを使えばよいのかですよね。チニング専用のロッドを購入する前に役立つ、エギングやアジング、シーバスロッドでの代用方法をご紹介します。また、コスパ最強の安くても使えるチニングロッドをランキング形式でご紹介します。

■そもそもチニングロッドってどんな特徴があるのか

●ティップが柔らかくてバットがしっかりしている


チニングロッドの特徴について簡単にご説明します。チニングはズル引き系のワームやルアーを使用したり、ポッパーやペンシルといったトッププラグを使用します。共通して言えるのは、どちらも弾くようなアタリが出るということです。その為にアタリを弾かないようにティップセクションは柔らかめに作ってあります。バッドは、チヌ特有の叩きながら走る引きを受け止められるように強めに作ってあります。適合ウエイトは2~15gに設定してあることが多く、シーバスロッドの柔らめと思っていただいて構いません。

■シーバスロッドでの代用方法

●ショートロッド、Lクラスなら可能


シーバスロッドでもチニングは可能です。シーバスロッドと言っても色々ありますが、おすすめなのは7フィート台のシーバスロッドの中では比較的短めなロッドで、ライトクラスが丁度良いです。シーバスロッドのLクラスだと一般的に適合ウエイトは~20gなので、チニングには十分に対応できます。ポッパーなどの細かい操作はロッドウエイトがある分少しやりにくいかもしれませんが、十分に代用が効くロッドです。

■エギングロッドでの代用方法

●大体のエギングロッドはチニングができる


エギングロッド、エギングタックルはチニングにそのまま使えると言ってよいくらい最適なロッドです。良く使う、3号、3.5号のエギのウエイトが18~23gといったところです。チニングには最適なウエイトです。また、しゃくりやすいようにティップが柔らかく作ってあるので、チヌの弾くようなバイトもしっかりと吸収してくれます。ポッパーなどをポッピングする時は少しグニャっと感じるかもしれませんが、そこは慣れでカバーができます。エギングロッドの標準な長さは8フィートほどありますが、チニングには少し長く感じるかもしれません。しかし全然できないことはなく、逆に掛けてからは懐があるので安心してやり取りが出来ます。

■アジングロッドでの代用方法

●キャロが投げられるロッドを使おう


アジングロッドでは華奢すぎてチヌには向かないのでは?と思うかもしれませんが、種類によっては対応が可能です。具体的には7フィート台のフロートやキャロに使用するロッドで、ティップセクションがチューブラーのものがおすすめです。近年はやっている高弾性カーボンを使った高感度アジングロッドではなく、しっかりと曲がってくれるタイプのロッドであれば十分対応ができます。適合ウエイトが10g近くあれば使えるロッドだと思ってよいと思います。ボトムのズル引き系には少し負担がかかるかもしれませんが、ポッパーやペンシルなどトッププラグであれば問題なく出来ます。通常使用するアジング用のリグと比較すると少し重めのリグを使用することになるので、キャストの時はゆっくりと大きく振りかぶって投げることをおすすめします。

以上のようにチニングは他のジャンルのロッドで対応できることがご理解していただけたと思いますが、それでもやはりチニングロッドを揃えてみたいという方におすすめの、安くてコスパ最強なロッドを厳選して3つご紹介します。

■コスパ最強のチニングロッドベスト3

No1 メジャークラフト クロステージ CRX-T782M黒鯛


チニングロッドで最もおすすめなのがメジャークラフトのクロステージです。特にボトムのズル引きにはおすすめで、ソリッドティップが高感度にアタリを捉えるとともに、しっかりと食い込んで乗せてくれます。アンダー1万円の使えるロッドです。

No2 メジャークラフト ソルパラ 黒鯛モデル SPS-782L黒鯛

チニングロッドの中でもメーカー品で最安、かつオールラウンドに使えるのがメジャークラフトのソルパラシリーズです。ズル引き系ルアーからトップゲームまで使いまわすことができる便利なロッドです。

No3ダイワ シルバーウルフMX 72L-S


チニングロッドの中で、しっかりとしたメーカー品で1万は超えてもいいけど2万円以下でという場合におすすめなのがダイワのシルバーウルフMXです。しかもこちらの72Lにはメガトップというティップセクションが採用されており、カーボンソリッドがどちらの方向にも均一に曲がる特徴を持っています。手感度、視認性どちらも抜群で、高感度なロッドがこの価格帯で得られるのはお得です。

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介