初心者が覚えておきたいメバリングアクション!リトリーブやダートのやり方、プラグの誘い方までご紹介

アクションは初心者の方が現場で悩む多いなポイントです。メバリングのやり方や釣り方は細かく分けると際限なく存在します。リトリーブやリフトアンドフォールのみならず、ロッドの反発を利用してしゃくりながら行うダートアクション。プラグアクションにおいてもトップからボトムまで様々です。今回は初心者が覚えておきたいジグヘッド+ワームの扱い方からプラグの誘い方まで、メバリングアクションをまとめます。

■リトリーブを用いたメバリングワームアクション

●基本中の基本!


リトリーブはメバリングをする上で基本中の基本です。色々なアクションが生まれている現代のメバリングですが、このリトリーブ、ただ巻きだけでも良いといっても過言ではありません。それくらい昔からメバルはリトリーブでの釣りとされてきました。やり方は簡単で、ワームをキャストして一定の速度で巻いてくるだけです。着水からの時間を刻むことで、表層や中層、ボトムを引くのかをレンジコントロールします。合わせ方はアタリを感じてからティップに重みを乗せるようにグイッとフッキングすることがコツです。
リトリーブアクションについて詳しくはコチラ
リトリーブはどうやってやるのか?初心者にもわかるメバリングアクションのやり方解説

■リフトアンドフォールを使って棚を探ろう

●リフトは誘い、フォールは食わせの間


リフトアンドフォールはレンジを探るのに最も適したアクションです。やり方はキャストして任意の棚を取り、ロッドを立てて棚を持ち上げます。余分な糸ふけを取りながらテンションフォールをします。これが基本動作です。アタリはフォール中に出ることがほとんどです。コン!と子気味良く出るのがフォールバイトの特徴です。リフト&フォールは誘い幅分だけレンジを探れるので効果的です。また、ピンテールワームからロングワームまでワームの種類を問わずにアクションがハマるのが特徴でありおすすめな点です。
▼リフトアンドフォールについて詳しくはコチラ▼
リフトアンドフォールの釣り方を覚えよう!初心者でもわかるメバリングアクション解説

■デイメバリングでも効くダートアクション

●リアクションバイトを誘う


ダートアクションはリトリーブとは全く方向性の異なるアクションです。リトリーブはゆっくりと見せて食わせるタイプのアクションですが、ダートはリアクション、反射食いをさせるアクションです。まずジグヘッドは鉛部分が矢じり型のタイプのものを使用します。

これは水を切る時に左右へダートするように設計してあるからです。やり方はキャストして任意の棚を取ったら、ロッドを3回ほどあおりながら余分な糸ふけを取ります。このあおり動作がワームをダートさせます。ダートさせた後はテンションフォールで食わせの間を作りアタリを待ちます。これを1セットとして繰り返します。ダートでメバルにスイッチを入れてフォールで食わすイメージです。このアクションはデイメバリングにも効果的です。
ダートアクションについて詳しくはコチラ
ダートアクションを覚えよう!初心者がはじめるメバリングの誘い方解説

▼ダートアクション参考動画▼

■プラグアクション シンキングペンシル編

●リトリーブとフォールを組み合わせる


プラグアクションの中でもメバリングで最も活躍するのがシンキングペンシルです。シンキングペンシルはリトリーブではS字アクションを演出し、フォールさせれば左右にローリングしながら落ちていきます。どんな状況でもメバルにアピールできるのがシンキングペンシルの良いところです。色々な誘い方、動かし方がありますが基本的にはリトリーブかフォールさせることの2つと覚えておいてください。リトリーブはただ巻きでOK。特に水面直下をゆっくりとフラフラーっと引いてくるのは効果的です。また、フォールは沈み根の際に落とすことが効果的で、ローリングアクションがストラクチャーに付いていたメバルにスイッチを入れます。

■プラグアクション ミノー編

●リトリーブとストップの組み合わせ


誘い方がプラグの中でも簡単なのがミノーを使ったプラッキングメバリングです。どんなミノーでもリトリーブすればウォブリングアクションを演出できる万能ルアーです。勿論リトリーブだけでも釣れるのですがメバリングにおけるミノーアクションはリトリーブの後にステイを入れることです。これは止まったものにバイトするというメバル独特の特徴を捉えた攻め方です。ちなみにミノーにはフローティングとシンキングがあります。フローティングの場合リトリーブの後のステイでフワッと水面に浮かび上がります。シンキングの場合ステイでゆっくりとフォールもしくはサスペンドをします。どちらでもリトリーブ+ステイは成り立ちますのでお試しください。

■プラグアクション ペンシルベイト

●とにかくステイ!


プラグアクションの中でも異質なのがトップウォーターゲームでのメバリングです。実はメバリングはトップでも成り立ちます。そしてバイトシーンが見えるのでとっても面白いです。メバリングのトッププラグゲームの場合、ブラックバス釣りなどと異なるのはとにかく動かさないことです。10秒以上のステイは当たり前で、8割ステイ、2割トゥイッチ、くらいと覚えておいてください。これは常夜灯下に集まった小イカやアミなど動きの少ない餌を捕食している時にはまるパターンです。小さなメバルでもバイトする時はもんどりを打って飛沫を上げるので見ていて非常にエキサイティングします。気を付けなければいけないのは合わせで、メバルは水面直下の捕食が非常に苦手です。ルアーから20cm以上離れたところでバシャっと出るなんてことはザラです。よってフッキングは、しっかりとティップに重みが乗ってから動作開始しましょう。

メバルプラッキングについて詳しくはコチラ
メバリングにおすすめの良く釣れるプラグをアクションとともにご紹介

▼プラッキングメバル参考動画▼

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介