メバリングで根掛かりしない対策と回避方法|ボトムの取り方や底へのコンタクト

根掛かりはメバリングをしているとどんなにうまい人でも経験することがあります。しかし、メバルはロックフィッシュほど底を意識しなくてもよいので、根掛かりをアングラーの努力で少なくすることが可能です。今回は初心者でもわかるボトムの取り方や、メタルジグやジグヘッドの2gや3gといった重めのウエイトでの底へのコンタクトの方法を解説するとともに、根掛かり対策、回避方法をご紹介します。

■ボトムの取り方を覚えよう

●ボトムが分かれば根掛かりが減る


ボトムの取り方を覚えることで根掛かりが減ります。根掛かりの原因はジグヘッドが底に付いているのにアングラーが気が付いていないと、ジグヘッドが底で転がってスタッグを起こしてしまうことが多いです。よって、底を感知することが最大の根掛かり対策となります。それではボトムの取り方をご紹介します。キャスト後にリールをフリーでラインを出していきます。この時にスプールに触れながら余分なラインが出ないようにサミングしながら落としていきます。ジグヘッドが底に付いていない時はラインが海中に引っ張られていきます。底に付くと、ラインがたるみスプールからの放出が止まります。このタイミングで素早くベールを返してアクションに移ります。
▼ボトムの取り方参考動画▼

■メバリングで根掛かりしにくいリグ

●フロートリグは心強い


根掛かりしないリグのご紹介をします。しない…というと語弊がありますが、しにくいリグはあります。例えばロックフィッシュなどではオフセットフックで針先をワーム内に隠してしまうテキサスリグなどがありますが、メバリングの場合はフロートリグが根掛かりしにくくてかつ良く釣れるおすすめのリグです。フロートリグは飛ばしウキ構造なので、遠投先でも浮力が得られるのでリグが沈んで根に引っかかる可能性が少ないリグです。初心者の方で、ジグヘッド単体などの軽量リグの扱いが苦手でかつ根掛かりが心配な場合はフロートリグがおすすめです。
▼フロートリグについて詳しくはコチラ▼
アジングメバリングにおすすめのフロートリグ、遠投ウキをご紹介

■メバルは底に居るのか?

●実は上を向いていることが多い

底を取ることは大切ですが、メバルは上から落ちてくるものに反応することが多いです。よって、フォール中に食いあげるなど、底を取る前にバイトが発生することが多いです。また、マズメ時などのフィーディングタイムでは、表層まで食いに上がっているので、着水後カウントを取らずにただ巻きするだけで食ってくることがあります。そこを取る前に表層で勝負すれば根掛かりになる可能性は激減しますし、時合いにトラブルなく効率よく釣ることができます。

■メタルジグでの根掛かり対策

●底を取らない!


メタルジグでの根掛かり対策をご紹介します。メタルジグはトリプルフックであったりアシストフックが装着されているので、根掛かりしてしまうと外れずにそのままラインブレイクという結末になることが多いです。よって、ボトムを取った瞬間に、リーリングを開始して底を切ることが重要です。また、もう一つの対策法としては底を取らないということです。メタルジグでメバルが釣れるタイミングは、メバルの活性自体が高めの場合が多いです。よってボトムを取らなくても表層~中層でバイトすることが多いのです。着水したら底を取る前にアクションをすることで根掛かりをしない対策法となります。また、メタルジグでメバリングが成り立つときは、流れの中にある根にメバルが付いている時が多いです。よってこの根の上をメタルジグが通過するようにアクションすることが大切です。そのためには明るいうちにどこに根があるのかを把握しておくことが根掛かり対策であり、かつメバルのヒットにつながるのです。

このブログの人気の投稿

メバルやカサゴの締め方と持ち帰り方をご紹介!包丁やハサミを使った血抜きと神経締めの解説

スズキ、シーバスの締め方を解説|ハサミやナイフを使った血抜きと神経締めのやり方をご紹介

青物の締め方解説|ハサミやナイフを使った血抜きの方法と神経締めの仕方をご紹介